ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

デコラ(Patagonian grenadier, Merluza de cola)

学名:Macruronus magellanicus  Lönnberg, 1907

代表的な呼び名ホキ

デコラの形態写真

体長120cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区側棘鰭上目タラ目メルルーサ科ホキ属
    外国名
    Patagonian grenadier, Merluza de cola
    学名
    Macruronus magellanicus  Lönnberg, 1907
    漢字・由来
    由来・語源 アルゼンチン、チリでの呼び名、「Merluza de cola」から。「Merluza de cola」は尾の長いメルルーサという意味。
    地方名・市場名
    アメリカではArgentine straptail
    イギリスではPatagonian whiphake
    チリではHualca
    スペイン語圏ではMerluza de cola
    生息域
    海水魚。水深30-700m。
    南アメリカ大陸(南半球)アルゼンチン、チリ沖。
    生態
    産卵期は春。
    基本情報
    ホキ属で重要な3種。
    ニュージーランド・オーストラリア/Macruronus novaezelandiae(ホキ)
    アルゼンチン・チリ/Macruronus magellanicus(デコラ)
    南アフリカ/Macruronus capensis(Cape grenadier)
    冷凍フィレが輸入されていて、冷凍食品のフライなどに加工されている。
    流通上は「ホキ」。オーストラリアやニュージーランドで水揚げされていたホキ〈Macruronus novaezelandiae  (Hector, 1871)〉の不漁から、近年「ホキ」は本種のことをさす。
    水産基本情報
    市場での評価 冷凍フィレとして流通する。主に加工原料だと思われる。
    漁/底曳き網
    産地 アルゼンチン、チリ
    選び方
    脂が回って黄色くなっていないもの。
    味わい
    旬は不明。
    皮は薄く、上質の白身で適度に繊維質で熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 揚げる(フライ)、ソテー(ムニエル、ジョン)、煮つけ
    揚げる◆衣をつけて揚げると中はしっとりと豊潤、表面は水っぽくならずさくっと仕上がる。フライ材料として非常に優秀。
    ソテー◆バターとの相性が非常によい。小麦粉をつけてていねいにソテーすると非常に美味しい。韓国のジョンにしてもいい。
    煮つけ◆しょうゆ味で煮るとあっさりと上品な味になる。甘辛く強く煮つけるよりもあっさりとして味つけがいい。
    フィレの状態で流通。
    デコラのフライフライにするとさくっとしていて、中はジューシーで甘味がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/金田聡さん、高知大学、町田吉彦先生
    『新顔の魚 1970-1995』(阿部宗明 財団法人伊藤魚学研究振興財団 まんぼう社)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)
  • 主食材として「デコラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ