ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ツキヒガイ(Japanese moon scallop)

学名:Amusium japonicum japonicum(Gmelin,1791)

ツキヒガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻高12センチ前後になる大型の二枚貝。貝殻は薄く膨らみはほとんどなく、硬い。左側の貝殻は赤味を帯びた紫、右側の貝殻は黄白色。

ツキヒガイの形態写真

殻高12センチ前後になる大型の二枚貝。貝殻は薄く膨らみはほとんどなく、硬い。左側の貝殻は赤味を帯びた紫、右側の貝殻は黄白色。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目イタヤガイ亜目イタヤガイ科ツキヒガイ亜科ツキヒガイ属
    外国名
    Japanese moon scallop
    学名
    Amusium japonicum japonicum(Gmelin,1791)
    漢字・由来
    漢字 月日貝
    由来・語源 武蔵石寿『甲介群分品彙 1836』による。右殻が明るいクリーム色で、左殻が赤味を帯びた褐色であるのを「昼と夜」=「太陽(日)と月(夜)としたもの。
    地方名・市場名
    エボシガイ、オイオッキ、オゼンゲ、オツキガイ、オツキサマガイ、オツキサンガイ、カミサラガイ、サラゲ、ツキミガイ、ツッゲ、ツキガイ、ヒドンゲ、ヒノデガイ、ヒノマルガイ、ヒラガイ、ヒロンゲ、ホンミミガイ、モッゲ。
    生息域
    海水生。房総半島・山陰〜九州。
    水深10〜100メートル。
    生態
    基本情報
    西日本では比較的よく見かけるもの。
    東日本ではほとんど見ることがない。
    とても味のよい二枚貝で、流通漁は少ないながら人気がある。
    ツキヒガイの貝を開いたところ前閉殻筋(貝柱)は退化してほとんどなく、後閉殻筋(貝柱)は中央にあり大きい。
    水産基本情報
    市場での評価 西日本ではやや高値。関東などではあまり評価が高くない。
    漁法 底曳き網
    産地
    選び方
    触って反応のあるもの。液体などが出ているもの、軟体の柔らかいものは古い。
    剥いたものは貝柱の丸くて膨らみのあるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    貝殻が薄く全体に軽い。
    貝柱は季節によって大きさが変わる。
    貝柱は旨みが強くまったくクセがない。
    ヒモなども美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、焼く、バター焼き、フライ、煮る
    ツキヒガイの刺身刺身
    イタヤガイ類中もっとも美味。甘みが強く、旨み濃厚、食感もほどよい。ただし貝柱に大小があり、外見からは意外にわかりにくいのが難点。
    ツキヒガイの貝殻焼き焼く 貝殻のまま焼いて、酒、醤油で味付けする。貝らしい旨みがあり、あまり硬くならない。
    ツキヒガイのバター焼きバター焼き バターで焼くことで旨みが液体状になり、ソースをかねる。これをからませながらソテーする。フェンネルなどハーブ類を利用しても美味。
    ツキヒガイのフライフライ 揚げると旨みが貝柱の中にたまり、また柔らかくジューシーに感じる。
    煮る 貝柱、内臓などと一緒に甘辛く煮る。ジャガイモなど野菜と煮ても美味。

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産軟体動物分類学 二枚貝綱/掘足綱』(波部忠重 北隆館 1977)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「ツキヒガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ