ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

チリウニ(Chilean sea urchin)

学名:Loxechinus albus (Molina, 1782)

代表的な呼び名ウニ

チリウニの形態写真

直径10センチを超える。棘は小さく、全体に褐色。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    棘皮動物門ウニ綱真ウニ亜綱ホンウニ区ホンウニ目ホンウニ科Loxechinus属
    外国名
    Chilean sea urchin
    学名
    Loxechinus albus (Molina, 1782)
    漢字・由来
    由来・語源 チリ産のウニの意味。
    地方名・市場名
    生息域
    チリ南部。
    生態
    基本情報
    世界で生産されるウニでもっとも量が多い。
    チリでは重要な水産物となっており、種苗生産が行われている。
    また養殖が試みられている。
    日本国内でも安いウニと言えば本種のことで、回転寿司などでよく使われている。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は比較的安定しており、安い。
    漁法 潜水漁
    産地 チリ
    選び方
    基本的に剥き身のみの入荷。膨らみがあり、表面の粒状の突起がはっきりしているもの。
    味わい
    旬は不明。
    産地として遠いために苦みを感じることがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ほとんど総てが生食用。
    少し苦みを感じることが多いが非常に美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『ウニ学』(木川達雄 東海大学出版会)
  • 主食材として「チリウニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ