ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

チリイガイ(Blue mussel)

学名:Mytilus platensis(d'Orbigny)

代表的な呼び名ムールガイ

チリイガイの形態写真

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱イガイ目イガイ超科イガイ科イガイ亜科イガイ属
    外国名
    Blue mussel
    学名
    Mytilus platensis(d'Orbigny)
    漢字・由来
    地方名・市場名
    市場、小売り店ではムールガイ。
    フランスで、Moule(ムル、ムール)
    生息域
    南アメリカ大陸、チリ。
    生態
    基本情報
    国内には剥き身で入荷してくる。
    比較的小売り店でも見かける機会が多い。
    水産基本情報
    市場での評価 冷凍輸入されている。殻つきはやや高値。むき身ボイルは安い。
    漁法
    産地 チリ
    選び方
    身が厚いもの。
    味わい
    旬は不明。
    貝殻は薄く硬い。
    身にうま味があり、いいジュ(エキス)が出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 ワイン蒸し、サラダなど
    ワイン蒸し◆殻つきはムラサキイガイ同様ワイン蒸しにしてうま味が強く軟らかく美味。
    サラダ◆ボイルはサラダなどにプラスしていい。



    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「チリイガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ