ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

チュウゴクモクズガニ(Chinese mitten crab)

学名:Eriocheir sinensis H.Milne Edwards 1853

代表的な呼び名シャンハイガニ

チュウゴクモクズガニの形態写真

甲羅幅10cm弱。全体に黒っぽい褐色。頭胸甲(背甲)は円形に近くこぼこするが平たい。足はとても細い。近縁種のモクズガニよりも脚などが細い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目短尾下目イワガニ科モクズガニ属
    外国名
    Chinese mitten crab
    学名
    Eriocheir sinensis H.Milne Edwards 1853
    漢字・由来
    漢字 「中国藻屑蟹」。
    由来 ハサミに密生する細い毛を藻屑にみたてて。その昔は「シナモクズガニ」。
    中国では「毛蟹」とも書く。
    地方名・市場名
    一般にシャンハイガニ(上海ガニ)。
    古くはシナモクズガニ。
    生息域
    中国南北沿岸、朝鮮半島の湖沼、河川、汽水域。
    生態
    河川、湖沼などで生育し、汽水域などに下り、産卵する。
    産卵期は秋から初冬。
    全体に黒っぽい褐色。頭胸甲(背甲)は円形に近くぼこぼこするが平たい。足はとても細い。近縁種のモクズガニよりも脚などが細い。
    基本情報
    古くは中国の高級食材で秋になると一斉に解禁されていた。
    近年は産地の江蘇省などでも天然だけでは足りず、養殖が行われている。
    とにかく中華料理には欠かせない食材で、産地では最大の観光資源ともいえる。
    また国内にもかなりの量が輸入されている。
    これが河川などに逃げ出して、問題となっている。
    水産基本情報
    市場での評価 10月には本格的に輸入されてくる。築地などでは、値の高い雌から安い雄までランク別に売られている。外来種法が施行されてから供給が少なくなり、高くなったが、本来はそんなに高いものではなかった。養殖ものが多い。
    漁法 カゴ漁、定置網
    産地 中国(江蘇州陽澄湖など)
    竹籠に入ったチュウゴクモクズガニ

    縛られたチュウゴクモクズガニ独特の竹籠に入り、雄と雌に分けられて入荷してくる。雌のカニは紐に模様が入っている。
    選び方
    重みがあって、生きのいいもの。
    味わい
    味の評価/★★★★=非常に美味
    なんといっても内子(卵巣)の味を楽しむもの。
    濃厚な微かに酸味をともなった旨味があり、甘い。
    足や甲中の身も味がよく、特筆すべきだが、いかんせん細かく少ない。
    取るのが面倒である。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    蒸す、ゆでる
    中華では老酒漬け(酔っぱらいがに)
    ●ウェステルマン肺吸虫の中間宿主となる。終宿主は人なので注意が必要。
    蒸したチュウゴクモクズガニ
    蒸す いちばん安全でうまい食べ方は蒸す。別にそのまま蒸したてを食べても、微かに塩味が感じられて、ほんのり甘い。雌の内子のうまさは極めつき。
    好んで食べる地域・名物料理
    中国江蘇州、上海周辺。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    最近ではマスコミ登場回数も増えて、知名度は上がるばかり。中国の観光資源的なものとなっている。
    国産のモクズガニ以上に人気がある。
    ただし話題が先行している割りに、実際に食べている人は少なそう。
    市場で見る限り、食べ方も、調理法も知らないという人が多い。
    国内にはモクズガニという近縁種がいる。
    外来種法によって特定外来種に指定されている。許可なく飼う、売り買いすることはできない。
    参考文献・協力
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)、『図説人体寄生中学』(吉田幸雄 南山堂)、『中国貿易魚介図鑑 東シナ海版』(成山堂)
  • 主食材として「チュウゴクモクズガニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ