ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

スナヤツメ(Far Eastern brook lamprey)

学名:Lethenteron reissneri (Dybowski,1869)

スナヤツメの形態写真

体長16cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    無顎上綱頭甲綱ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科カワヤツメ属
    外国名
    Far Eastern brook lamprey
    学名
    Lethenteron reissneri (Dybowski,1869)
    漢字・由来
    漢字 砂八目
    由来・語源 長野県(信濃地方)、岐阜県での呼び名。幼生が砂に潜って暮らすため。
    地方名・市場名
    栃木県那須郡那珂川町でヤツメウナギ。
    カゲヤツメ、ギナ、ギミナ、ギナミ、ギナメ、ギナヤツメ、キヨオヤツメ、スイギナ、スナクグリ、スナホジリ、ツチクジリ、ノッペ、ビリ、マノションベ、メク、メクラ、メクラウナギ、ヤツメ、ヨツメ。
    生息域
    淡水魚。
    北海道〜九州北部。
    生態
    一生を淡水で暮らす。
    産卵期は5〜6月。
    幼生はアンモシーテスと呼ばれ目が埋没し、鰓孔も見えず、口も吸盤には見えない。
    アンモシーテスは中流・下流域の砂地に潜る。
    基本情報
    絶滅危惧種。
    小型のヤツメウナギで一生を淡水系で暮らす。
    一般に食用ではない。
    栃木県のある場所ではウナギのうけのエサにしていたという。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「スナヤツメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ