ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

スガイ

学名:Turbo (Lunella) 0cornatus coreensis (Récluz,1853)

スガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻幅2.5cm前後になる。貝殻は硬く表面はゴツゴツしている。ふたがある。殻幅2.5cm前後になる。貝殻は硬く表面はゴツゴツしている。ふたがある。ふたは硬く厚みがある。

スガイの形態写真

殻幅2.5cm前後になる。貝殻は硬く表面はゴツゴツしている。ふたがある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目サザエ科リュウテン亜科リュウテン属
    外国名
    学名
    Turbo (Lunella) 0cornatus coreensis (Récluz,1853)
    漢字・由来
    漢字 酢貝
    由来・語源 フタの丸く盛り上がった方を下にして、酢に浸すと泡を出してクルクルと回る。「スガイ」はこの蓋の呼び名。貝本体はカラクモガイ(唐雲貝)とい言った。
    地方名・市場名
    別名、カラクモガイ、チョウセンスガイ。
    アゲシオダマ(上げ潮玉)/三浦半島
    イシブタ(石蓋)/静岡県舞阪
    ニゴザ/愛媛県伊方町
    ニーナ/大分県宇佐市
    アオゴロイソモン、アオニナ、イシコダメ、イシシタダメ、イシズー、イシダビ、イシダメ、イシツブ、イシヅブ、イシツボ、イシナメ、イシニイナ、イシビタ、イシビナ、イシブタ、イシブタニイナ、イシブタミナ、イズビナ、イセヴナ、イセブタ、イソダマ、イソモン、イッコ、ウキンニャ、オオカサザエ、オオクサマンメ、オキツブ、オコドン、オトコガイ、オトコギライ、オトコシタダミ、オトコダメ、オトコツブ、オトコツブン、オトコヅボ、オトコニイナ、オトコニシ、オトコニナ、オトコブキ、オトコマキ、オトコミナ、オトゴダビ、オトコダブ、オンナダメ、カタメ、カナツブ、カブトニシ、ガラマキ、カンチダメ、ギシブ、キミシャン、ギライ、キンキンダメ、クジラニナ、クチブタ、コボイシ、コボイソモン、ゴボサマガイ、ゴロミナ、サザエダマ、サザエノコ(サザエの子)、サゼエノオジゴ、サトージョーモリ、サナックレー、シタダミ、シタミナ、シャーダリ、ジョカツミナ、スナイソモン、スナダマ、スナックレー、スナニナ、スナホリ、スナモグリ、タタキマギ、タツボガイ、ダトウノメ、タニシゴナ、ダビ、タマ、タマイシ、タマッコロ、タマニナ、ダメ、チャンポコ、ツチカムリ、ツブ、ツブガイ、ツブシンナ、ツブン、ヅボ、ヅメガイ、ツンブシミナ、デンデンゴウラ、ドクニナ、ドロカムリ、ドロミナ、ドンザミナ、ニイナ、ニガガリ、ニゲエサザエ、ニシ、ニナ、ニンニャ、ネーラ、ネコミナ、バツッミナ、ハナゴロシ、ハナゴロミナ、ハリガイ、ビイナ、ヒガン、ヒタダメ、ビナ、ブキ、ブケ、ブゼンブキ、フツイソモン、ベーボ、ヘツブサザエ、ベベガイ、ボタボタ、ポッポ、ホンイソモン、ホンダマ、ホンダメ、ホンニイナ、ホンブキ、マイラ、マエダメ、マルゴナ、マルダメ、マルツブ、マルニーナ、マルニナ、マルブケ、ミズミナ、ミナ、ミヤリダマ、メーラダマ、メクイギライ、メクサリダマ、メクサリニイナ、メクサレニーナ、メクサ、メクラサザエ、メクラシタダミ、メクラシタミナ、メクラダメ、メクラツブ、メクラニイナ、メクラニナ、メダマツブ、メックガイ、メックリ、メッチョニナ、メノダマ。
    生息域
    海水生。北海道南部から九州南部。
    潮間帯岩礁域。
    干潮時は磯の石などに下にいて、上げ潮ととともに石の上に上ってくる。
    生態
    産卵期は初夏から秋。
    岩に付着した藻類などを食べる。
    海水中を嫌い、満ち潮のとき水面上に逃げるように上がる。
    基本情報
    国内の海辺にもっとも普通に見られる小型の巻き貝。
    古くはふたを乾かして酢に浮かべて動くのを見て遊んだという。
    身を取り出しやすく、味がいいので海辺などの集落で食べられている。
    緑藻類のカイゴロモが付着する。
    水産基本情報
    市場での評価 産地などで細々と流通している。やや高値。関東では一定の評価はない。
    漁法 採取
    産地 大分県
    選び方
    生きているもの。
    味わい
    旬は春
    貝殻、ふたは非常に硬い。
    身は取り出しやすく、ワタなどが切れることも少ないが、ふたがわずらわしい。
    身に甘みがありワタに苦みクセがない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    煮る(塩ゆで、しょうゆ煮)、炊き込みご飯

    スガイの塩ゆで塩ゆで 塩水の中に入れて火をつけて煮上げたもの。軟体は取り出しやすく、どことなくサザエに似た味がする。しょうゆ味で煮てもいい。
    スガイの炊き込みご飯炊き込みご飯 塩ゆでして身を取り出す。煮汁と酒で味つけ、水を加え水加減して炊飯したもの。磯の香りが立ち、実にうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    大分県宇佐市
    になみそになみそ クボガイ(ニナ)、クマノコガイ(ツベタカ)、イシダタミ(シュウトメニナ)、イソニナ、スガイ(ニゴザ)、レイシ(ニシ)などの磯の巻き貝をゆでて身を取り出し、ひしお(しょうゆのみ)で煮たもの。愛媛県伊方町で作られている。[次郎長寿司 愛媛県八幡浜]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/次郎長寿司・橋本歩(愛媛県八幡浜)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『貝の和名』(相模貝類懇談会)
  • 主食材として「スガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ