ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シラヒゲウニ(White spin sea urchin)

学名:Tripneustes gratilla Linnaeus

代表的な呼び名ウニ

シラヒゲウニの形態写真

直径10センチ前後になる。棘は短く白い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    棘皮動物門ウニ形亜門ウニ綱真ウニ亜綱ホンウニ区ホンウニモドキ目ラッパウニ科シラヒゲウニ属
    外国名
    White spin sea urchin
    学名
    Tripneustes gratilla Linnaeus
    漢字・由来
    漢字 白鬚海栗、白鬚雲丹、白鬚海胆
    由来・語源 棘が白いため。
    地方名・市場名
    鹿児島県ではガシツ、シマウニ(島うに)。
    沖縄でガチチャー。
    生息域
    紀伊半島以南。
    潮間帯、サンゴ礁。
    生態
    基本情報
    九州以南、沖縄などで食べられている。
    特に熱帯域、沖縄でウニといえば本種をさす。
    味のいいウニで漁獲制限が行われ、夏の味わいとなっている。
    水産基本情報
    市場での評価 鹿児島県、沖縄県などで流通する。7月、8月に出回り高値で取引される。
    漁法 採取
    産地 鹿児島県、沖縄県
    選び方
    原則的に生きているもの。持って重いもの。
    味わい
    旬は夏。
    大型のウニで可食部は生殖巣。
    明るい黄色で一房が大きい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『九州発 食べる地魚図鑑』(大富潤 南方新社 2011)、『原色 日本海岸動物図鑑』(内海富士夫 保育社)
  • 主食材として「シラヒゲウニ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ