ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シラナミガイ(Elongate-clam)

学名:Tridacna maxima (Röding,1798)

シラナミガイの形態写真

殻長20センチ前後になる(画像では左右)。貝殻は白く、厚く、波状の隆起がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ目シャコガイ超科シャコガイ科オオシャコ属
    外国名
    Elongate-clam
    学名
    Tridacna maxima (Röding,1798)
    漢字・由来
    漢字 白波貝
    由来・語源 『目八譜』より。貝殻の模様から。
    地方名・市場名
    沖縄県那覇市泊港ではオニシャコ、オニシャコガイ(鬼硨磲貝)。
    アジケー、アナグ、アナゴ、カイ、ギーラ、ギザ、ニーグ、ニーグー。
    生息域
    海水生。紀伊半島以南。熱帯インド・太平洋域。
    生態
    シャコガイの仲間は海中の微少なプランクトン、浮遊物もとらえるが、主な食料は体内の共生藻から得ている。共生藻(スーサンテラ)はシャコガイの排泄物である炭酸ガスやアンモニア、リン酸塩を取り込み、言うなれば植物での肥料分とし、かわりに光合成で得たアミノ酸や酸素をシャコガイに提供しているのだ。(参考文献/『黒潮に生きるもの』鈴木克美 東京書籍)
    基本情報
    沖縄で食用になるシャコガイ科は小型のヒメシャコガイと本種、
    大きくなるヒレシャコガイとヒレナシシャコガイで計4種。
    ヒメシャコガイとともに県内では見ることができ、けっして高い貝ではない。
    水産基本情報
    市場での評価 関東にはときどき沖縄などから入荷してくる。値段は高い。(注/また沖縄県水産海洋研究センター石垣支所の久保弘文さんによると、沖縄のシャコガイではヒメシャコの評価がもっとも高く値段が高い。シラナミはそれに準じるものだという)
    漁法 採取、養殖
    主な産地 沖縄
    選び方
    味わい
    可食部は少ない。
    身の味わいは貝柱、ヒモともに磯の香りが強い。
    これがなんとも好ましいものである。
    また旨味も甘味も合わせ持つ。
    二枚貝なのにサザエのような味わいがするのが不思議だ。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 刺身、バター焼き
    刺身で食べると独特の磯の風味があり、食感が強く美味。
    他にはバター焼きなどにもなる。
    貝殻の重さからして、中身は非常に小さい。普通の二枚貝とは違って、硬く、サザエを思わせる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「シラナミガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ