ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

サンゴイワシ

学名:Neoscopelus microchir Matsubara, 1943

サンゴイワシの形態写真

体長20センチ前後になる。スズキの若魚に近い形で、全体が薄紅色で柔らかい。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱真鰭区正骨下区ハダカイワシ上目ソトオリイワシ科ソトオリイワシ属
    外国名
    学名
    Neoscopelus microchir Matsubara, 1943
    漢字・由来
    漢字 珊瑚鰯
    由来・語源 新種記載は静岡県戸田の底引き網で揚がったもの。松原喜代松の命名。紅珊瑚の色合いに似ているからだと思われる。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。日本では駿河湾から東シナ海。太平洋,インド洋,大西洋の暖海域に広く分布。
    水深300~1000 mの陸棚縁辺海域などの深海底近く。
    生態
    基本情報
    深場の底引き網で少量とれるもの。
    脂があり、美味。
    とれる量が少ないのが残念。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/高知大学、大成丸(沼津市志下)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「サンゴイワシ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ