ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

コロダイ(Painted sweetlip,)

学名:Diagramma picta (Thunberg,1792)

コロダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長60cm前後になる。典型的な鯛型。側扁(左右に平たい)し、灰青色に黄色い斑文が散らばる。稚魚。鹿児島県では秋になると定置網で揚がる。[全長6cm]稚魚。[全長10cm]

コロダイの形態写真

体長60cm前後になる。典型的な鯛型。側扁(左右に平たい)し、灰青色に黄色い斑文が散らばる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イサキ科コロダイ属
    外国名
    Painted sweetlip,
    学名
    Diagramma picta (Thunberg,1792)
    漢字・由来
    漢字 「胡廬鯛」
    由来・語源 「ころだい」は和歌山県での呼び名を標準和名にしたもの。和歌山県では猪の子供を「ころ」と呼び、コロダイの稚魚にある斑紋がその猪の子供のものに似ているため。
    地方名・市場名
    カイグレ/三重県尾鷲市
    カクレ/徳島県阿南市海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』
    カワコデ/鹿児島市
    ココデ/鹿児島市
    コタイ/愛媛県愛南市
    ヨノミ/徳島県阿南市
    ヨノミダイ/熊本県上天草市大矢野町
    【出世魚】
    和歌山県田辺では小さいものをメンダコ、やや長じたものをシマカイグレ、成魚をミッチャカイグレ。200グラム、300グラム以下のものをマチマワリという。これは不味いので売れないために町を売り回るの意味(一部要訳。『図説有用魚類千種 正』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年)
    他にはイソコロ、エゴダイ、カワコダイ、キョウモドリ、クレ、コタ、シブタ、シマイッサキ、シャクアジ、ジューグワークレー、ナベクサビ、マチマワリ、ミツチヤカイグレ、メンダコ。
    生息域
    海水魚。浅い岩礁域、サンゴ礁域。
    新潟県佐渡、兵庫県浜坂、島根県、山口県豊浦、九州北部、瀬戸内海、伊豆諸島、小笠原諸島、茨城県〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、琉球列島、尖閣諸島、南大東島。
    済州島、台湾、福建省・広東省、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、タイランド湾、インド-西太平洋。
    生態
    基本情報
    古くは西日本で水揚げされたもの。
    徐々に関東などでも見られるようになっている。
    身質が非常によく、もっと値段が上がってもいい魚といえそう。
    水産基本情報
    市場での評価 関東の漁場では幼魚は多いものの成魚は少ない。産地は主に西日本。関東ではまだ認知度が低い。一定の評価がなく値段は不安定。大型のものは高値となる。
    漁法 釣り、定置網
    主な産地 鹿児島県、大分県、和歌山県
    選び方
    鮮度落ちが遅い。大きいものの方が味がいい。身に張りがあり、黄色い斑文のくっきりしているもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は秋〜初夏。
    大きい方が味がいい。
    鱗は硬く、取りにくい。皮は厚みがあり、しっかりして硬い。
    透明感のある白身で血合いが非常にきれい。熱を通すとやや締まる。身に染みがはいることがある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、ソテー(バター焼き、ポワレ)、焼く(塩焼き)、煮る(まーす煮、煮つけ)、汁(みそ汁)
    コロダイのバター焼きバター焼き 切り身に振り塩をしてバターでじっくりとソテーしたもの。小振りのものは丸のままソテーすると豪勢に見える。皮目はぱりっと香ばしく、中はとてもしっとりと仕上がる。意外にご飯との相性がいい。
    コロダイの塩焼き塩焼き 大振りのものを切り身にして振り塩。1時間以上寝かせてじっくりと焼き上げたもの。イサキ科ならではの皮目のうま味と風味が楽しめ。白身の甘さも堪能できる。これを肴でやる泡盛はうまい。
    コロダイのまーす煮まーす煮 うちなーぐち(沖縄の言葉)で塩は「まーす」だ。「まーす煮」はようするに塩味の煮つけ。少量のやや強めの塩水で短時間煮煮上げる。魚丸ごと皮も身も楽しめる料理である。一緒に豆腐を煮ると魅力が増す。
    コロダイのみそ汁魚汁 刺身などを作ったときのあらを湯通しし、冷水に取り鱗、滑りなどを取る去る。これを水で煮だしてみそを溶いたもの。沖縄野菜のフーチバー、サクナなどを青みにすると非常にうまい。薬味はコーレーグス。ご飯のおかずに最適である。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出)、『魚と貝の事典』(月賢二 柏書房」)、『日本の海水魚』(山と渓谷社)、同定は原則的に『日本近海産 魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「コロダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ