ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ケハダヒザラガイ

学名:Acanthochitona defilippii (Tapparone-Canefri, 1874)

ケハダヒザラガイの形態写真

体長7センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    軟体動物門多板綱新ヒザラガイ目ウスヒザラガイ亜目ケハダヒザラガイ科ケハダヒザラガイ属
    外国名
    学名
    Acanthochitona defilippii (Tapparone-Canefri, 1874)
    漢字・由来
    漢字 毛肌火皿貝、毛肌膝皿貝
    由来・語源 平瀬與一郎の命名。全体に毛(小さな棘)が生えているため。
    地方名・市場名
    グジマ/高知県大月町(CURRENT 黒潮生物研究所)
    ヒメグジマ/高知県大月町柏島(CURRENT 黒潮生物研究所)
    ヤオグジマ/高知県大月町(CURRENT 黒潮生物研究所)
    コブ、ネブリコゴ、ウスクグマ、ネブリッカイ、ビョウリナ。『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
    生息域
    海水生。房総半島以南、
    九州。潮間帯の石の下。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「ケハダヒザラガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ