ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クサモズク

Scientific Name / Sphaerotrichia divaricata (C. Agardh) Kylin 1940

クサモズクの形態写真

高さ40cm前後になる。円柱状で細長い。主軸(幹のようなもの)はははっきりしない。枝は不規則に無数出る。表面の毛がない。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界紅藻植物門褐藻綱ナガマツモ目ナガマツモ科イシモズク属
    外国名
    学名
    Sphaerotrichia divaricata (C. Agardh) Kylin 1940
    漢字・由来
    漢字 石藻着、石藻付、石藻屑
    由来・語源 藻に絡みつく海藻、モズクに似て石につくため。
    地方名・市場名
    イワモズク/秋田県
    モズク/新潟県
    生息域
    海水生。潮間帯から漸深帯の岩の上、海藻の上。
    北海道、太平洋沿岸北から中部、瀬戸内海、日本海沿岸、九州。
    生態
    基本情報
    日本海沿岸の秋田県などから入荷してくる。日本海各地で食用になっていて、「岩もずく」と称されることが多い。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「クサモズク」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ