ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オトメガサ

学名:Scutus sinensis (Blainville,1825)

オトメガサの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長3.8cm前後になる。殻長3.8cm前後になる。軟体部の色は黒いものや草色などいろいろ。軟体部のバリエーション。

オトメガサの形態写真

殻長3.8cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目オキナエビスガイ亜目スカシガイ超科スカシガイ科スソキレガイ亜科オトメガサ属オトメガサ亜属
    外国名
    学名
    Scutus sinensis (Blainville,1825)
    漢字・由来
    漢字 乙女笠
    由来・語源 『恰顔斉介品(いがんさいかいひん)』より。不明。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。北海道南部〜九州。
    潮間帯。
    生態
    基本情報
    食用ではない。
    関東などの磯などで普通に見られる。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    磯の周りの石などの裏に着いている。関東の外房、三浦半島、伊豆半島などでもっともよく見られるスカシガイ科のひとつ。
    磯などで石を起こして裏側をみると軟らかな身体(軟体)だけが見えて、一見ウミウシの仲間ではないかと見まちがう。できれば観察のときには手に持って貝殻を見つけてほしい。種としてはれっきとした巻貝の仲間である。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「オトメガサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ