ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オオスジイシモチ

学名:Ostorhinchus doederleini (Jordan and Snyder, 1901)

オオスジイシモチの形態写真

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目テンジクダイ科スジイシモチ属
    外国名
    学名
    Ostorhinchus doederleini (Jordan and Snyder, 1901)
    漢字・由来
    漢字 大條石持、大条石持
    由来・語源 「大=太い」縦縞のある「石持=耳石を持つ魚」という意味合い。
    地方名・市場名
    古くはオオスジテンジクダイ。
    生息域
    海水魚。茨城県、千葉県〜屋久島の太平洋岸、島根県〜九州北岸、長崎県天草・五島列島、奄美大島。朝鮮半島南岸、台湾、フィリピン。
    浅い岩礁域。
    生態
    基本情報
    クロホシイシモチやネンブツダイが防波堤などで釣れるのに対して、やや沖合いにいるようだ。伊豆半島でのボート釣りや、キス釣りでの外道である。ただし本種はネンブツダイなどと比べると珍しいもの。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    唐揚げ、干物などでうまく食べられる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    唐揚げ/干物
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
  • 主食材として「オオスジイシモチ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ