ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

オオグソクムシ

学名:Bathynomus doederleini Ortmann, 1894

オオグソクムシの形態写真

全長10cmを超える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    食べられなくはない
    分類
    節足動物門甲殻亜門軟甲綱真軟甲亜綱等脚目(ワラジムシ目)ウオノエ亜目スナホリムシ上科スナホリムシ科
    外国名
    学名
    Bathynomus doederleini Ortmann, 1894
    漢字・由来
    漢字 大具足虫
    由来・語源 姿が具足(鎧)の一部のようだからだろう。
    地方名・市場名
    静岡県焼津市では単にムシ。
    生息域
    海水生。水深200〜600m。
    駿河湾以南。
    生態
    基本情報
    底曳き網やヌタウナギの筒に入るもの。
    基本的に食用ではないが、水族館などで人気がある。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 底曳き網、筒漁
    産地 静岡県
    選び方
    原則として生きているもの。
    味わい
    旬は不明
    殻はやや固く、厚みがある。
    筋肉は軟らかく、非常に水分が多い。内蔵には非常に強い苦みがある。
    内蔵は食べない方がいい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる、揚げる(唐揚げ、素揚げ)
    ゆでる ゆでて内臓を取り除き食べると、けっしてまずくはないが食べられる部分は非常に少ない。
    揚げる じっくり低温で揚げると殻が香ばしくなるが、身が痩せる。内臓は決して食べないこと。
    茹でオオグソクムシ中央部にある黒い袋の中の内臓は非常に苦いので食べないこと。
    揚げオオグソクムシじっくり時間をかけて揚げると香ばしくなる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    駿河湾、遠州灘、熊野灘、土佐湾などでの底引き網で普通にみられる。
    参考文献・協力
    協力/長谷川久志(長兼丸)
  • 主食材として「オオグソクムシ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ