ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

エゾクサウオ(Agassiz's snailfish)

学名:Liparis agassizii Putnam,1874

エゾクサウオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長40㎝くらいになる。体色は様々、変化が多い。体に黒くて細い筋のあるタイプ。

エゾクサウオの形態写真

体長40㎝くらいになる。体色は様々、変化が多い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目クサウオ科クサウオ属
    外国名
    Agassiz's snailfish
    学名
    Liparis agassizii Putnam,1874
    漢字・由来
    漢字 蝦夷草魚
    由来・語源 体表が草色であるクサウオの仲間でより北に生息する。
    地方名・市場名
    クログス、テンダラ。
    生息域
    海水魚。水深0〜86メートルの昆布などの藻場に多い。
    北海道沿岸、青森県、佐渡島、石川県、東北太平洋沿岸。朝鮮半島東岸、ピーター大帝湾〜サハリン沿岸。
    生態
    基本情報
    クサウオ科で流通するのはクサウオだけだと思っていたが、2014年1月24日に初めて築地場内で見た。料理法が難しい魚で、以後普及するものかどうかわからない。
    水産基本情報
    市場での評価 ほとんど流通しない。非常に安い。
    漁法
    産地 北海道
    選び方
    触って張りがあるもので、表面の皮が溶けて白く濁っているものは古い。
    味わい
    旬は不明。
    皮は軟らかく手ではぎ取れる。
    非常に水分が多くて軟らかく、手でつぶれるくらい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 煮つけ、汁、唐揚げ、ムニエル
    煮つけ◆煮汁を煮立てて、ある程度煮つめてから煮る。味つけは濃いめにするといい。
    汁◆しょうゆや塩味よりもみそ仕立ての方が美味しい。
    唐揚げ◆じっくり触らないで長時間揚げるとさくっとして香ばしい。
    ムニエル◆水分が多くべとつくので火の入れ方が難しいのが難点。
    エゾクサウオの煮つけ煮つけは濃いめの味つけにしたい。
    身がぼろぼろするのが難点だがいいだしが出る。
    揚げるのに時間がかかる。香ばしくてサブレのような食感。
    こんがりとした焼き目がつかない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/マルトミ渡辺水産
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)
  • 主食材として「エゾクサウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ