ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

エゾイシカゲガイ(Bering Sea cockle)

学名:Clinocardium californiense (Deshayes,1839)

代表的な呼び名イシガキガイ

エゾイシカゲガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長6cmを超える。膨らみが強く、43本前後の放射肋がある。殻長6cmを超える。膨らみが強く、43本前後の放射肋がある。斑紋の出た個体。[福島県相馬市原釜]内側。斑紋の出た個体の内側。[福島県相馬市原釜]

エゾイシカゲガイの形態写真

殻長6cmを超える。膨らみが強く、43本前後の放射肋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目ザルガイ超ザルガイ科Clinocardium属
    外国名
    Bering Sea cockle
    学名
    Clinocardium californiense (Deshayes,1839)
    漢字・由来
    漢字 蝦夷石影貝
    由来・語源 岩川友太郎の命名。イシカゲガイに似て北に生息するという意味。
    イシカゲガイは江戸時代の『六百介品』
    地方名・市場名
    市場では「いしがけ(き)がい」=「石垣貝」と間違ったまま呼ばれる。
    生息域
    海水生。鹿島灘からオホーツク海。
    水深10メートル〜100メートルの砂泥地。
    生態
    基本情報
    もともとは非常に入荷量の少ない貝であった。東京市場築地などで比較的入荷を見るようになり、認知度が増したのは岩手県陸前高田市広田湾での養殖物が出回ってからだ。トリガイと同様に味が良く、触感の点ではそれ以上として高値で取引されている。
    今では高級二枚貝として重要なものとなっている。高級すしダネのひとつとなっている。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は非常に少ない。岩手県では養殖されている。非常に高い。
    漁法
    産地 岩手県
    選び方
    原則的に生きているもの。足などを活発に動かしているもの。
    味わい
    旬は春
    貝殻はトリガイよりも厚く硬いが、比較的もろい。
    足には厚みがあり、黄色みが強い。熱を通すとやや締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(湯引き、生)、ソテー(バター焼き)、焼く(塩焼き)、汁(みそ汁)
    エゾイシカゲガイの刺身刺身(ゆびき) 剥いて脚の部分を開く。これを一瞬湯に通し、氷水に落とし、水分をよくきったもの。完全な生よりも甘味が増し、食感も強くなる。渋みや貝らしい風味は少ないものの、最上級の味だと思う。
    エゾイシカゲガイの刺身刺身(生) 脚の部分を開き、そのままというもの。甘味もあるし貝らしい風味もあるものの。湯引きしたものと比べると味は一段落ちると思う。
    エゾイシカゲガイのバター焼きバター焼き 少々割高になるがバター焼きにしても味がいい。先に野菜などをバターで炒め、最後にエゾイシカゲガイを加える。貝から出るエキスと野菜、バターが絡むようにするといい。
    塩焼き 剥いて軽く振り塩(塩は不要かも)し、強火で短時間焼き上げたもの。やや硬く締まるが貝らしい風味があり、甘味も豊富だ。
    みそ汁 ひもや内臓などを昆布だしで煮てみそを溶いたもの。今回は大根のせん切りと合わせて見た。非常にうま味が強く、それでいて後味のいい汁になる。ご飯にかけてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「エゾイシカゲガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ