ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

エゴノリ

学名:Campylaephora hypnaeoides J.Agardh

エゴノリの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
高さ20センチ前後。細い糸状で先が鈎状に曲がる。ホンダワラ類などにからみついているので、先端が鈎状(かぎじょう)に曲がっている。

エゴノリの形態写真

高さ20センチ前後。細い糸状で先が鈎状に曲がる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界紅藻植物門真生紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目イギス科エゴノリ属
    外国名
    学名
    Campylaephora hypnaeoides J.Agardh
    漢字・由来
    漢字 恵胡海苔、恵胡苔
    由来・語源 不明
    地方名・市場名
    ウゴ/京都府宮津、与謝野町
    イゴ、エゴ、エゴグサ、エゴノリ、ウケウト、オキテン、オキウド。
    生息域
    海水生。北海道から、四国、瀬戸内海、九州まで。朝鮮半島。
    低潮線下のホンダワラ類につく。
    生態
    基本情報
    イギス類の海藻は日本各地で藻体を煮溶かして、冷やし固める。
    代表的なものはエゴノリとイギス。
    イギス豆腐、えごねり、など様々な加工品や伝統料理がある。
    新潟県では「えごねり」といい仏事に必ずつくもの。
    鳥取県では「いぎす」。
    また福岡県、山口県などで食べられている「おきゅーと」の原料のひとつとも考えられている。
    水産基本情報
    市場での評価 加工原料
    漁法 採取
    産地
    選び方
    乾燥の強いもので変色していないもの。
    味わい
    乾物。
    水でもどして煮溶かして冷やし固める。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 煮溶かして固める
    コンニャク状に固める◆水に漬けておき、煮溶かして、冷蔵庫などで冷やす。出来上がりはコンニャクを思わせるが磯の香りが強い。
    好んで食べる地域・名物料理

    「うご」。京都府与謝野町、宮津市などの家庭で作られているもの。海藻の名前も「うご」で、固めたものも「うご」という海藻の風味が豊かでまことに美味である。仏事や祝い事などの集まりのときに作るものだとのこと。
    加工品・名産品
    いぎす●鳥取県で作られる。
    おきゅーと●エゴノリをこんにゃく状に固めたもの。[山口県]
    「えご天」、「恵胡(えご)」。最後に「天」とつくのは「天草」の略だと思う。エゴノリを煮溶かしてこんにゃくのような形に固めたもの。海藻の風味と甘味が好もしい。[大船海産 青森県西津軽郡深浦町、渡辺食品工業 山形県横手市、まるい食品 山形県鶴岡市、阿部食品 山形県新庄市、猪貝 新潟県長岡市]
    「おきゅうと」。エゴノリやイギスなどを煮て薄くのばして固めたもの。山口県下関などではこんにゃく状のものもある。福岡県福岡市などでは朝ご飯の定番的なおかず。[林隆三商店 福岡県福岡市]
    「いごねり」。エゴノリを煮溶かして固めたもの。「えごねり」とも言う。[渋谷長平 新潟県佐渡市]
    「えご草」。エゴノリを乾燥させたもの。新潟県糸魚川市では仏事によく「えご(いご)」料理を作るので仏具店で売られている。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/中山陽一さん(京都府与謝野町)
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)、『海藻の食文化』(今田節子 成山堂)、『日本の海藻』(解説/田中次郎 写真/中村庸夫 平凡社)
  • 主食材として「エゴノリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ