ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ウラウズガイ

学名:Astralium haematragum (Menke,1829)

ウラウズガイの形態写真

殻高3センチ前後になる。貝殻は硬くやや殻高がある。周縁に1列の突起がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目サザエ科ウラウズガイ亜科ウラウズガイ属ウラウズガイ亜属
    外国名
    学名
    Astralium haematragum (Menke,1829)
    漢字・由来
    漢字 裏渦貝、裏渦介(urauzugai)
    由来・語源 『六百介品』より。「裏」すなわち貝殻の底の部分に渦潮(うずしお)を思わせる筋があるため。
    地方名・市場名
    ヌケズ/徳島県海部郡海陽町宍喰竹ヶ島
    イシブタニナ、サンカクミナ、タカジリ、トウネン、メクサリニーナ。
    生息域
    海水生。房総半島、能登半島以南。
    潮間帯〜水深20メートルの岩礁域。
    生態
    基本情報
    磯などでとって遊ぶ対象。
    流通するものではなく、自家用などだけにとるもの。
    食べにくいために利用されることは少ない。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しているものは見ていない。
    漁法
    産地
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は春
    貝殻は可食部に対して重く硬い。
    フタも厚くふくらみがあり、食べにくい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    塩ゆで
    ウラウズガイの塩ゆで
    塩ゆで 塩湯でして磯の香り、ほどよい苦みがあって美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    徳島県海部郡海陽町宍喰竹ヶ島
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「ウラウズガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ