ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ウシエビ(英名/Black tiger, Giant tiger prawn 中国/草蝦)

学名:Penaeus monodon Fabricius,1798

代表的な呼び名ブラックタイガー

ウシエビの形態写真

体長30cmを遙かに超える。クルマエビ類では最大種で背に白い帯が規則的にある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★★

    重要水産物

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目クルマエビ科ウシエビ属
    外国名
    英名/Black tiger, Giant tiger prawn 中国/草蝦
    学名
    Penaeus monodon Fabricius,1798
    漢字・由来
    漢字 牛蝦、牛海老
    由来・語源 大きくなるので牛に例えた。
    地方名・市場名
    市場ではブラックタイガー。
    生息域
    海水生。 東京湾以南の太平洋側。台湾、中国南部、東南アジア、オーストラリア、アフリカなどにも棲息する。
    生態
    汽水、淡水にも生息する。
    成長が早い。
    基本情報
    今、クルマエビ類で市場に出回っている量の多いのがウシエビとバナメイ。
    バナメイが開発される以前は圧倒的に本種が市場を席巻していた。
    国内にも生息するが、北限にあたり国産はほとんど流通はしない。大きいので目立つものの国内産は非常にローカルなエビと言わざる終えない。
    ブラックタイガーの養殖は台湾で開発され、80年代に技術革命が行われ、生産量は爆発的に増えた。この大量に養殖されたエビが、国内に大量に冷凍輸入され、国内のエビ市場に入ってきた。
    当然、もともと高級だったクルマエビ類の値段は下落、手軽に庶民にも手に届くものとなった。
    回転寿司のみならず天ぷら、フライ、ゆでエビとしておせちに使われるなどして人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 ほとんど総てが養殖で輸入されたもの。産地は台湾、東南アジア。
    漁法 天然は刺し網
    産地 高知県
    選び方
    冷凍もので白っぽくないもの。触って身が詰まって張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。養殖冷凍ものなので年中市場にある。
    エビは養殖もの天然もので味の差が少ない。
    熱を通すと、赤の発色がよく美しい。
    肉は締まり、ほどよく繊維質で甘みが強い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 揚げる(エビフライ、天ぷら)、ゆでる、焼く、スープ(汁)

    ウシエビのフライエビフライ クルマエビに準じる味わい。フライにしてエビの風味が生きる。熱を通すことで赤く発色した身の美しさも楽しめる。
    ウシエビの天ぷらエビの天ぷら 天ぷらそばのえび天、天ぷら専門店でも使われている。噛んでプリっとした食感と味わいが魅力。
    エビのサラダ 殻のままゆでて殻を剥いて使う。これをアボカドなど相性のいい野菜とサラダにする。マヨネーズが合う。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『大型甲殻類図鑑Ⅰ・Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ウシエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ