ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イロロ

学名:Ishige foliacea Okamura in Segawa 1935

イロロの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
高さ12cmくらいになる。潮間帯の大潮などのときには干上がるほどの上部に密集して生えている。

イロロの形態写真

高さ12cmくらいになる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱イシゲ目イシゲ科イシゲ属
    外国名
    学名
    Ishige foliacea Okamura in Segawa 1935
    漢字・由来
    地方名・市場名
    高知県宿毛市でメザコ、メダコ。
    大分県国東市でトリノアシ(鳥の足)
    生息域
    海水生。潮間帯中部の岩上。
    本州太平洋岩手県以南,瀬戸内海、四国,九州,本州日本海岸中・南部。アメリカ太平洋岸南部、メキシコ。
    生態
    基本情報
    岩手県以南の太平洋側。外房、三浦半島などではよく見かけるもの。触ると硬く感じる。
     高知県宿毛市では春にとり乾かして年間を通して食べる。とれる量が少なく食用にする習慣のない愛媛県まで取りに行くこともあるという。
     大分県国東市国東町では採取し、乾燥させて市販されている。これを「とりのあし」という。関東では「とりのあし」はユイキリのこと。また室町時代の「毛吹草」にもこの言葉があり、この点でもイロロ=「とりのあし」というのは面白い。また、このイロロを食用としている地域はもっとありそうで、これからの課題としたい。心当たりのある方はメールをいただきたい。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 採取
    産地 高知県、大分県
    選び方
    味わい
    生は春が旬。
    しっかりした葉体で適度の食感がある。熱を通すとすぐに軟らかくなる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 煮る(炒め煮、煮もの)、汁(みそ汁、すまし汁)、ゆでる(酢のもの、サラダ)
    「炒め煮」。ヒジキのように乾物を戻して油で炒めてしょうゆ、砂糖、酒などで味つけしたもの。日々の総菜として格好のもの。
    イロロのみそ汁「みそ汁」。乾物の「めざこ」を水で戻してみそ汁に入れたもの。すまし汁に入れても美味しい。
    「酢のもの」。乾物の「めざこ」を戻して軽く湯通し、みょうがと合わせて三杯酢にしたもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    とりのあし●大分県国東市国東町小原「道の駅 夢咲茶屋」から取り寄せたもの。1袋300円。水でもどしてヒジキのように炒め煮にする。非常に美味。
    めざこ●高知県宿毛市周辺では春につみ、乾燥させて年間を通して食べている。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    同定他/千葉県立中央博物館海の博物館 菊地則雄
    協力/北原道治(高知県宿毛市)
    『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)、『日本の海藻』(解説/田中次郎 写真/中村庸夫 平凡社)
  • 主食材として「イロロ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ