ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イトヒキダラ(Forked hake)

学名:Laemonema longipes (Schmidt,1938)

イトヒキダラの形態写真

体長60センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正新骨下区側棘鰭上目タラ目チゴダラ科イトヒキダラ属
    外国名
    Forked hake
    学名
    Laemonema longipes (Schmidt,1938)
    漢字・由来
    漢字 糸引鱈
    由来・語源 古くはタラの仲間と思われていて腹鰭が糸状に伸びていることから。
    地方名・市場名
    別名、ウケグチダラ。
    生息域
    海水魚。北海道オホーツク沿岸、北海道〜駿河湾の太平洋沿岸。千島〜カムチャツカ半島の太平洋沖、ベーリング海。
    水深80〜2025メートルの大陸棚斜面。
    生態
    オキアミ類、その他甲殻類、ハダカイワシなどをエサにしている。
    産卵期は2〜4月。
    基本情報
    主に遠洋底曳き網で上がるもの。
    軟らかくクセのない白身なので練り製品の加工原料となっている。
    鮮魚として出回ることは非常に希。
    水産基本情報
    市場での評価 加工原料で安い。鮮魚としても安い。
    漁法 底曳き網
    産地 宮城県、北海道
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は軟らかく取れやすい。
    白身でまったくクセがない。
    骨は軟らかい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「イトヒキダラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ