ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イタヤガイ(Japanese scallop,Frill)

学名:Pecten albicans (Shröter,1802)

イタヤガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
表面。殻長10cm前後になる。よく膨らむ。放射肋は幅が広く8本前後ある。裏面。殻長10cm前後になる。よく膨らむ。放射肋は幅が広く8本前後ある。側面。殻長10cm前後になる。よく膨らむ。放射肋は幅が広く8本前後ある。

イタヤガイの形態写真

表面。殻長10cm前後になる。よく膨らむ。放射肋は幅が広く8本前後ある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目イタヤガイ亜目イタヤガイ上科イタヤガイ科イタヤガイ亜科イタヤガイ属イタヤガイ亜属
    外国名
    Japanese scallop,Frill
    学名
    Pecten albicans (Shröter,1802)
    漢字・由来
    漢字 板屋貝
    由来・語源 板屋とは板で葺(ふ)いた屋根のこと。この板葺きの屋根に似た貝殻の文様から。
    いたらがい また古くは「いたらがい」。また漢字で書くと「板屋貝」すなわち、板葺き屋根のような貝ということ。下の写真を見るとわかるが右側の貝殻が深いのを利用して柄杓(ひっしゃく)をつくることから「ひしゃくがい」とも言われる。
    地方名・市場名
    ホタテガイ(ホタテゲー、ホタラガイもその変化)という地域が多い。
    しゃもじにしたのでオシャモジガイ、シャモジガイ、
    杓子(しゃくし)にしたのでオシャクリ、カイジャクシガイ、シャクシ、シャクシガイ、シャクシゲ、
    イタノガイ、イタラ、イタラガイ、インタラガイ、エタノガイ、オオマキガイ、カイガラガイ、カマゲー、カミサラガイ、シンナベガイ、ソウゴガイ、ヒオガイ、ホウマイカンガラ、ホウマカセ、ミミッケ、ヤアタリ。
    生息域
    海水生。北海道南部〜九州。
    水深10〜100メートルの砂地。
    生態
    雌雄同体。
    産卵期は冬。
    ときに大発生したり、まったくいなくなったりする。
    幼貝は岩などに足糸で固着。
    成貝になると自由生活をする。
    基本情報
    資源が不安定であるので食用としてはローカルな存在。
    島根県などでは養殖が試みられているが、あまり盛んではない。
    味のいいことは知られており、大発生したときには食用として出回り、それなりに高値で取引される。
    水産基本情報
    市場での評価 流通漁は少なく、安い。
    漁法 貝桁網(底曳き網)。
    産地
    選び方
    原則的に生きているもの。貝殻がしっかり閉じるもの。貝殻表面につやのあるもの。
    味わい
    旬は不明
    可食部は主に貝柱(閉殻筋)。
    柔らかく甘みがある。比較的軟らかくて刺身などに向いている。
    煮るといいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    焼く、蒸す、刺身
    貝殻のまま焼いて美味。
    旨み、甘みが強く貝柱の食感がいい。
    蒸しても美味。
    刺身はホタテなどと比べると貝柱が小さいのが欠点ではあるが美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    貝殻節 鳥取県の貝殻節は本種を粉に引くことで生まれたというのを聞いたことがあるが、それほど漁獲されていたのだろうか? と本種のことを調べるうちに駿河湾、土佐湾などで今現在ほそぼそと漁獲されていることが判明した。そして普段、生息数の少ないはずの本種が何年かに一度大量発生する。鳥取の貝殻節もそんな豊漁年の歌であろうか?
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ■メモ/築地をはじめ関東の市場でしばしば「ボイルイタヤ」というのを見かける。これをてっきりイタヤガイであると思いこんでいたら、実は原料はホタテガイなのだ。しかも箱にはしっかりホタテガイの文字がある。きっとイタヤガイのものもあるのだろうと見かけるたびに原料を確認するがいまだイタヤには出合えない。それで、この業者の方にイタヤのものを作っていないのか問い合わせてみた。すると年間に少量ではあるが出荷しているものの価格はホタテの倍。築地をはじめまず一般にでまわるものではないという。どうしてホタテのものを「イタヤ」と書かれ、間違われるようになったかというと、イタヤは数十年にいちど大発生をして豊漁になる。この業者がある福井県でもそれがあり、むき身のゆでたものを大量に出荷した。そのおりにイタヤガイの会社ロゴを作成、いまでもその業者はパッチ(発砲の箱に魚貝類を入れるがその上に乗せるビニール製のフィルム)などでイタヤのマークを使っている。これがために市場でも「イタヤ」とあやまって書かれているのだ。ちなみにこの業者のつくるボイルホタテは品質がよいので有名。
    ■高知県土佐湾でとれたものを塩ゆでにして食べてみた。これは身に甘味があって美味。実は刺身にするものの貝柱が小さくてあまりうまいとは思えなかったためである。島根県隠岐などで養殖されているものは非常に美味であると聞くが、イタヤガイにも育て方や旬があるものと思える。他には焼く、バターでいためるなど旨味が十分にあるものであるから使い道はたくさんありそうだ。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「イタヤガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ