ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アラレタマキビ

学名:Nodilittorina radiata (Souleyet in Eydoux & Souleyet,1852)

アラレタマキビの形態写真

殻長8ミリ前後。丸みが強く、螺肋に粒状の突起が並ぶ。螺肋と螺肋の間に細い間肋が見える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱中腹足目(盤足目)タマキビガイ上科タマキビガイ科イボタマキビ属
    外国名
    学名
    Nodilittorina radiata (Souleyet in Eydoux & Souleyet,1852)
    漢字・由来
    漢字 霰玉黍貝
    由来・語源 螺肋にあるつぶつぶが鉄瓶などの霰模様のようであるため。「玉黍」とはトウモロコシのこと。トウモロコシの粒ほどの大きさの貝の意味か。『六百介品』より。注/和名は岩川友太郎だと思われる。
    地方名・市場名
    オチョーガクリ、コエノミガイ、ゴマメガイ、コマンツボ、ショウモリ、ナセズ。
    生息域
    海水生。北海道南部〜九州。中国大陸。
    波あたりの強い岩礁地帯。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「アラレタマキビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ