ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アオギス(Sillago,Kisu, Bay whiting)

学名:Sillago parvisquamis Gill

アオギスの形態写真

50センチを超える。シロギスに非常によく似ている。全体に細く、青味がかる。第二背鰭に黒いごま状の斑紋が散らばることで区別がつく。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目キス科キス属
    外国名
    Sillago,Kisu, Bay whiting
    学名
    Sillago parvisquamis Gill
    漢字・由来
    漢字 青鱚。
    由来・語源 キスであって体色が青いという意味合い。
    地方名に多い「きすご」が本来の呼び名・表記であるという。一般に「きす」というのは最後の「ご」を省略したもの。
    「約500年ほど前の御湯殿の上の日記に初めて“きすご”として記録」。
    「和漢三才図絵(寺島良安 1712年)にも「幾須吾(きすご)大なるものを吉豆乃(こずの)といい」。
    語源は「生直(きす)」=性質が素直で飾り気のない」に魚名語尾(魚を表す)「ご」がついた。
    地方名・市場名
    ■ 東京湾周辺では小型をヤギスとも呼んでいた。
    ■ 大分県中津市ではギス。
    ■ 津軽采女(1667〜1743)の『何羨録』にカワギズ(蒼きす)、皮ギス(河ぎす)。
    ■ 徳島県では20センチ前後をロウソク、30センチほどをナカネ、40センチ前後をカラカサ(唐傘)。
    ■ ドウショウギス、ボラギス。
    生息域
    汽水域、内湾。
    東京湾以南(?)。徳島県吉野川河口、大分県、鹿児島県、台湾。
    生態
    ■ 河口、干潟などの内湾に棲息。
    ■ 寒い時期は湾口部の深みにいて、暖かくなると汽水域に移動してくる。
    ■ 産卵期は6月前後。
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    ■ 江戸時代から昭和40年前後まで、東京湾で行われていたのがアオギスの脚立釣り(きゃたつづり)。アオギスは警戒心が強く、船の影を嫌うことから脚立を立てて、それに乗って釣った。シロギスよりも断然大型になり、引きも強いということで人気があった。釣期は春から夏。長竿にエサはスナメ。
    ■ この東京湾ならではの釣りもアオギスが姿を消すとともに昭和30年代後半には徐々に姿を消し、昭和40年代に完全に終わってしまった。
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 「食べちゃ青ギスより白ギスのほうがうまい。職業釣り師は青ギスにめをつけない。だから町の魚屋には青ギスは売ってない。白ギスばかりだ」『江戸前の釣り』(三代目三遊亭金馬)
    ■ 今では絶滅の危機が叫ばれている。
    ■ 東京湾では釣りの対象魚として人気があったが、すでに絶滅したと思われている。
    ■ シロギスと比べると味的に劣るとされている。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
    参考/『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
    『江戸の釣り』(長辻象平 平凡新書)、『海トンボ自伝』(吉野熊吉 論創社)、『魚』(田中茂穂 創元社)
  • 主食材として「アオギス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ