ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アイゴ(Fuscous spine foot, Rabbitfish)

学名:Siganus fuscescens (Houttuyn, 1782)

代表的な呼び名アイ

アイゴの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長25cm前後になる。本州、四国、九州にいるものと、沖縄などにいるシモフリアイゴ型がある。背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)に毒のある鋭い棘がある。側扁形(左右に平たい)。本州などのアイゴは白い(細かい)斑紋はあっても大きく少ない。シモフリアイゴ型/本州などに普通のアイゴより南方系で熱帯にまで分布する。霜降り柄を思わせる小さな白い斑紋が全身にある。高知県以南。琉球列島ではこちらのタイプの方が多い。体側に白く細かい斑文が散らばる。沖縄県沖縄本島与那城漁港。「ぜんまい」、「うずまき」/アイゴは雑食性なので消化器官が長く、特に腸は渦潮やおもちゃのゼンマイを思わせる形をしている。徳島県の一部では煮つけにして、この部分を特に珍重する。

アイゴの形態写真

体長25cm前後になる。本州、四国、九州にいるものと、沖縄などにいるシモフリアイゴ型がある。背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)に毒のある鋭い棘がある。側扁形(左右に平たい)。本州などのアイゴは白い(細かい)斑紋はあっても大きく少ない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目アイゴ亜目アイゴ科アイゴ属
    外国名
    Fuscous spine foot, Rabbitfish
    学名
    Siganus fuscescens (Houttuyn, 1782)
    漢字・由来
    漢字 藍子、阿乙呉。
    由来 東京での呼び名。アイヌ語で棘のあるイラクサを「あい」という。ここから「あい」は棘のある、「ご」は魚を表す語尾。
    地方名・市場名
    アイ/愛知県、和歌山県田辺市、徳島県海部郡牟岐町・海陽町宍喰、沖縄県宮古
    アイゴ/千葉県富津市萩生
    アイノウオ/島根県
    アイタロウ/島根県
    アイノバリ/三重県尾鷲、和歌山県串本徳島県阿南・海陽町宍喰
    アイハゲ/愛媛県宇和郡愛南町、高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    アイバリ/愛知県
    アイボシャ/徳島県阿南市
    イナゴ/島根県
    エー/沖縄本島(シモフリアイゴ型)
    エーグヮー(エーグワー)/沖縄本島・八重山(シモフリアイゴ型)
    エノハ/島根県
    エーノハ/島根県
    エーバリ/愛知県
    カラクチ/京都市京丹後市美浜町
    シャクシャ/静岡県雄踏町
    ナベワリ/島根県
    ハラタチ/島根県
    ハラフチ/島根県
    ハリタチ/島根県
    メラ/島根県
    メライゴ/島根県
    メラタイ/島根県
    バリゴ/香川県東讃岐、徳島県海部郡
    ヤ/鹿児島県南さつま市笠沙
    ヤノウオ/熊本県上天草市大矢野町
    ヤンイヨ/熊本県上天草市大矢野町
    ミャン/沖縄県宮古(シモフリアイゴ型)で
    スク/鹿児島県奄美大島、沖縄県
    ■ 「アイ(棘)」、「アイノバリ(棘尿)」、「アイボシャ」、「アイハゲ」、「イタイタ」、「イタダイ」、「イバリ」、「ウミアイ」、「エエノウオ」、「エノウオ」、「エノシマ」、「オイシャ(お医者)」、「シャク」、「シャクシャ」、「バリ」、「バリタレ」、「バリコ」、「モクライ(藻喰らい)」、「ヤ」、「ヤンイオ」、「ヨソバリ」、「ヨネスバイ(夜寝小便)」。注/「アイ」は棘、「バリ」は尿。
    【内臓】
    ウズマキ、ゼンマイ。
    生息域
    海水魚。沿岸の浅い岩礁地帯。
    青森県〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、伊豆諸島、小笠原諸島、琉球列島。朝鮮半島南岸、済州島、東インド・西太平洋域。
    生態
    7月から8月に産卵。
    稚魚・幼魚期藻類を食べ、成長すると藻類を主とした雑食性になる。藻場、海藻の生える場所の減少が甚だしいのだが、海藻などを食べるアイゴはその一因とも言われている。背鰭、尻鰭、腹鰭の棘の両側に毒腺があって刺されると激しく痛む。
    シモフリアイゴ型
    産卵期は4月〜7月。孵化後1ケ月で体長30ミリ前後になり、沿岸浅場に群れをなしてよせる。
    基本情報
    アイゴ類総論
    アイゴ類は温帯、亜熱帯、熱帯の浅い岩礁域(磯)に生息し、九州南部から奄美、沖縄と熱帯に近づくほど種類が増える。国内では西日本に多い。背鰭、腹鰭、尻鰭に鋭い棘があり、毒を持っていて、刺されるとひどく痛む。
    食用として重要であるのは亜熱帯・熱帯地域において。主な食用アイゴ類としては鹿児島県以南のゴマアイゴ、ハナアイゴ、そして大型のアミアイゴ、ブチアイゴなどがある。中でも標準和名のアイゴはもっとも北まで生息していて、釣りなどで親しまれている。
    身質がよく、おいしいのだが、【磯臭い個体が多いこと、刺毒を持つこと】など好んで食べる地域は東日本では少ない。最近では食用としてよりも、雑食性で好んで海藻などを食べるため、磯焼けの原因として有名になっている。
    本種について
    アイゴは関東ではあまり食用とせず、瀬戸内海、四国、九州などで食用とされている。
    特に秋にとれる小型は瀬戸内海では高級魚である。
    九州南部、奄美、沖縄には全身にゴマ状の白い斑紋が散らばっているシモフリアイゴ型がいる。
    これは一般的な食用魚で代表的な料理に「まーす煮」などがある。
    水産基本情報
    市場での評価 瀬戸内海兵庫県、岡山県、徳島県では秋にとれる小型に高値をつける。関東では冬に活けで入荷したものはある程度の値段がつく。野締め(漁のときに死んだもの)は非常に安い。またシモフリアイゴ型は沖縄では一般的な食用魚。やや庶民的な値段。
    漁法 刺し網、定置網、釣り
    産地(漁獲量の多い順) 徳島県
    選び方
    くすんだ黒っぽい暗い色合いよりも、明るい色のものがいい。腹がエサで満たされていないものがいい。
    味わい
    秋から冬。
    岡山県、兵庫県では小振りのものを珍重する。
    鱗は厚い皮と一体化していてはぎ取ることができる。骨はあまり硬くない。皮は熱を通すと柔らかくなり気にならなくなるので刺身以外の料理では取る必要がない。
    背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)の棘には毒があるので、さされないように注意。最初に棘を切り取ってから料理する。
    透明感のある非常に上質な白身であり、熱を通しても硬くしまらないが、場所や季節によっては臭みがある。
    卵巣(たまご)、白子(精巣)は美味。各地で好んで食用となっている。
    沖縄県、鹿児島県諸島部奄美大島などで孵化後すぐはプランクトン食でこれを「スク」という。生で食べても美味。唐揚げなどにもなる。すくがらす(塩漬け)にしてもよい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    煮る(まーす煮、煮つけ)、生食(刺身、カルパッチョ)、焼く(塩焼き、干もの)、揚げる(唐揚げ)、【真子】煮る、焼く(塩焼き)
    アイゴの煮つけ煮つけ 瀬戸内海や徳島県では内蔵をとらないで煮つけにする。この地域のものは比較的臭みがなく、煮つけても気にならないことが多い。徳島県では唐辛子と煮るとも。身もしまっていて美味しいが、内蔵がほろ苦くて味わい深く、実にうまい。魚類中内蔵のうまさは屈指。
    アイゴのぜんまい煮ぜんまい煮 内臓(ぜんまい)部分のみを煮たもの。磯臭ささえ気にしなければ、ほろ苦みがあり、口に入れると軟らかく溶けるようでまことにうまい。
    アイゴの刺身刺身 臭みがなく鮮度がいいもの、特に活けは刺身にすると非常に美味。身がしっかりしているので薄作りにする。カルパッチョにしてもいい。鮮度に少々問題あり、というときには韓国酢みそ(コチュジャン、酢、ごま油)で食べると臭みを感じない。
    アイゴの煮つけ真子・白子の煮つけ 島根県浜田市などでは卵巣、白子を珍重する。この煮つけ、塩焼きがなかなかうまい。夏が産卵期なので、本体よりもこちらの方が主役となる。
    ゴーヤとすくがらすの炒め物すくがらす を調味料としてゴーヤなどと炒めてもいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    刺身 好んで食べるのは兵庫県家島諸島、岡山県、香川県、西日本各地。岡山県瀬戸内海日生では高級魚。瀬戸内海沿岸では、小型の20センチ弱の個体が多く、これを活魚として刺身にする。
    白子・卵巣 山陰、九州各地などではアイゴの卵巣、白子を食べている。島根県浜田市では卵巣よりも白子が高い。
    煮つけ 兵庫県姫路市家島群島坊勢島、徳島県、兵庫県明石など日本各地。基本的に内蔵はとらないで煮つける。多くの地域ではもっともうまいのは内蔵(「ぜんまい」などとも)と言われている。
    アイゴのまーす煮まーす煮 沖縄では「まーす(塩)」で味つけして煮る。これを「まーす煮」という。強火で急激に煮て、水分を飛ばすようにするのがコツ。隠し味に泡盛を入れることも。また豆腐を一緒に煮ると、本体以上に美味でもある。
    すくの刺身すくの刺身 旧暦の6・7・8月の朔日(1日)の大潮にときに孵化し立ての「スク」が浜に押し寄せてくる。これを生のまま食べる。頭を先にして食べないと棘がのどにかかる。
    加工品・名産品
    燻製 島根県には燻製があり、非常に美味。
    すくがらすすくがらす 沖縄県。アイゴの稚魚を「すく」。これを塩辛(がらす)にしたものを「すくがらす」という。豆腐の上に「すくがらす」をのせて食べる「すくがらす豆腐」もうまい。
    ばりこの開き干し「ばりこの開き干し」 徳島県で作られている。「ばりこ」はアイゴの幼魚。小さい方がクセがない。[はまみや海産 徳島県海部郡美波町、泉源 徳島県海部郡牟岐町]
    あい干しあい干し アイゴの成魚の干もの。磯臭さがあるもののうま味や皮目の風味が豊かであることなど、とても味わい深い。酒の肴として上々である。[泉源 徳島県海部郡牟岐町、浜宮海産 徳島県海部郡美波町由岐]
    ばりこの干ものばりこの干もの 、「あい開き」。秋にとれる小形のアイゴ(バリコ)を干し上げたもの。[紀州魚介庵 かんてき 和歌山園田辺市、あまだ魚店 和歌山県田辺市] 〈東京へ出ている姪御に対して叔父が「『節がきたらバリゴやの何やの、紀州の香りを送ろうかいうておりますのし』……バリコというのは、紀州西北寄りの海でとれる皮剥に似たあいという魚を開いて乾したこの地方独特の珍味の称であった」〉『紀ノ川』(有吉佐和子 新潮文庫)
    釣り情報
    磯釣りでの代表的な外道、西日本では本種を対象にもする。浮きづり、オキアミなどの餌。
    沖縄ではゴマアイゴの外道として釣れる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 海藻を食べるので磯焼けの原因動物のひとつとされている。
    ■ 「ばり」は小便のこと。臭いからくる呼び名が多い。
    ■ 「アイゴの皿ねぶり」、アイゴはうまいので皿までなめるようだ、などという地域もあり、臭くて食べられないという地域ありで、毀誉褒貶(うまいまずい)の激しい魚。[徳島県ほか]
    参考文献・協力
    協力/明石浦漁業協同組合(兵庫県明石市)、小渡兵衛さん、宍喰漁業協同組合(徳島県海部郡海陽町)
    「徳島水研だより 第 83 号(2012 年 3 月掲載) アイゴ当歳魚の大量発生とその有効利用」海洋生産技術担当 和田隆史,環境増養殖担当 棚田教生、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、広辞苑、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『あいちの水産物 ハンドブック100』(愛知県農林水産課)
  • 主食材として「アイゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ