新コンテンツはこちら
非常に細長く、背面は緑っぽい。
タカサゴ科(Caesionidae)について◆
国内の温帯・熱帯域に10種。
代表的な食用魚にササムロ、ウメイロモドキ、クマササハナムロ、ニセタカサゴ、タカサゴなどがある。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目
タカサゴ科ホソタカサゴ属
ホソタカサゴ
Gymnocaesio gymnoptera (Bleeker)
その他のタカサゴ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆食べていない。
大きさ◆13センチ前後になる
生息域◆八重山諸島以南、小笠原からインド・西太平洋。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆市場では見ていない。
ホソタカサゴの基本◆調べているところ。
漁獲方法◆定置網
漢字◆
「細高砂」。
由来◆タカサゴ類で細いの意味。
呼び名・方言◆調べているところ。
釣り◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 まだ食べていない。
●三重県尾鷲市の岩田昭人さん(「一日一魚」の制作者)から
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)



関連コンテンツ