新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ハタタテダイ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目
スズキ系スズキ目スズキ亜目
チョウチョウウオ科ハタタテダイ属
ハタテテダイ
Heniochus acuminatua (Linnaeus)
その他のチョウチョウウオ科の魚へはここから!
物知り度/★★ これは通人級
食べ方◆刺身/塩焼き(干物)
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆
■まったく流通しない。
ハタタテダイの基本◆
■観賞魚。
生息域◆長崎県、下北半島以南。インド・中部太平洋。
生態◆
■関東沿岸では浅場を単独で泳いでいるのをよく見かける。
大きさ◆20センチ前後になる
漁獲方法◆定置網
漢字◆「旗立鯛」。
由来◆背鰭(せびれ)が戦国時代の旗さしもの(幟旗)のように細長く伸びているから。古語で「鰭(ひれ)」のことを「はた」といった。
呼び名・方言◆「狂言袴(きょうげんばかま)」、「きょうげん」、「三番叟(さんばそう)」、「槍担ぎ(やちかたぎ)」、「帆立(ほたて」、「幟鯛(のぼりだい)」。
◆食べてみる◆
 外見からは想像できないきれいな白身である。
 刺身にして美味。上品でありながら旨味が感じられる。
 他には塩焼き、唐揚げなど。
 残念ながら歩留まりが非常に悪い。
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
考/『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ