新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「コイチ」はこちら >>
◆食べてみる◆
 旬は冬ではないか?
 鮮度さえよければ刺身は最上級の味わい。
 塩焼きにしても非常に美味。
 煮つけやフライ、ポワレなどにしてもいい。
●下関の黄幌型さんからいただきました。
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●参考/『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
鱗にある黒点が側線の下では筋状に並び、上では乱れてバラバラとなっている。胸鰭、腹鰭、尻鰭、尾鰭の下方が黄色みを帯びる。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目ニベ科ニベ属
コイチ
Nibea albiflora(Richardson)
ニベ科の他の魚へはここから
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身(鮮度がよければ)/塩焼き/煮つけ/
フライ/ポワレ
◎非常に美味
大きさ◆50センチ前後になる
生息域◆山陰、高知、瀬戸内海以南。渤海から南シナ海。
生態◆
産卵期は晩春から夏。
浅場に生息。
市場での評価・取り扱われ方◆ニベ科では入荷量の多いもの。値段は安い。
コイチの基本◆
■シログチとともに惣菜魚。
漁獲方法◆刺し網/定置網/延縄(はえなわ)
漢字◆「黄姑魚」、「古伊知魚」。
由来◆調べているところ。
呼び名・方言◆
「グチ」、「ニベ」、「アカグチ」。
釣り◆西日本では投げ釣りの対象魚。



関連コンテンツ