新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「トラギス」はこちら >>
背鰭尻鰭は基底部が長い。身体が丸く細長い。体表の文様は複雑で中央部に縦に連続する白い斑紋が特徴。
トラギス科について◆
トラギス科は世界に50種。
食用となるのはクラカケトラギス、トラギス、アカトラギス、オキトラギスなど。ワニギス亜目にはハタハタなどがいる。
■鮮魚で取り引きされるよりも、加工原料として重要
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目ワニギス亜目
トラギス科トラギス属
トラギス
Parapercis pulchella(Temminnck and Schregel)
他のトラギス科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆天ぷら/塩焼き(干物)/
刺身(昆布締め)/煮つけ/フライ/唐揚げ
○美味
大きさ◆20センチ前後になる
生息域◆南日本から朝鮮半島。インド・西太平洋。
生態◆
■産卵期は初夏?
市場での評価・取り扱われ方◆関東の市場では一度も見ていない。産地では少ないながら取り引きされている。扱いは雑魚。
トラギスの基本◆
■小魚類。
■練り製品の原料。
漁獲方法◆底曳網/定置網/釣り
漢字◆
「虎鱚」。
由来◆
体側にある白い連続する縞文様がトラを思わせるから。
■キス(シロギス)に対してトラ、すなわち獰猛な、ごっついという意味合いでは?
呼び名・方言◆
「オテッカンジイ」、「ニュウドウハゼ」、「ホトケイオ」、「ヌスビトハゼ(盗人沙魚)」、「ハシャガリ」、「ゴモ」、「フエ」、「イモハゼ」。
「トラハゼ」、「トラゴモ」
釣り◆■浅場のカワハギ釣りなどに混ざる。
◆食べてみる◆
 トラギスの仲間は、どれも美しい白身で味わいが上品だ。
 皮目にうまみがあるので天ぷはうまい。大きさ的にも手頃なので料理店などでも使えるだろう。
 塩焼きもいいのだけど、干物にした方が美味。
 刺身にするとやや淡白に過ぎる。昆布で締めると絶品となる。
 他には煮つけ、フライ、唐揚げ。
 トラギス類ではあまり味のいい方とはいえない。
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■は私見、市場魚貝類図鑑のデータベースから
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●参考/『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ