新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ハナビラウオ」はこちら >>
形態◆真っ黒で細長く、やや平べったい棒状。触ると軟らかい。幼魚は側扁して左右に平たく、各鰭が大きい。
(上)体調35センチ、(下)10センチ
スズキ目(Perciformes) について◆
世界中のあらゆる水域に生息。脊椎動物中最大のグループ。17亜目148科約1496属約9293種。
イボダイ亜目(Stromateoidei) について◆
世界に6科16属約65種。■イボダイ科、エボシダイ科、マナガツオ科など。
エボシダイ科(Nomeidae) について◆
熱帯・温帯域に15種。国内に8種。 ■一般に食用とするものはない。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区
刺鰭上目スズキ系スズキ目イボダイ亜目
エボシダイ科スジハナビラウオ属(Psenes)
ハナビラウオ(漢字/花びら魚 英名/Blackrag)
学名/Psenes pellucidus Lutken
イボダイ亜目の他の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていると達人級 食べ方◆フライ/煮つけ △料理によっては食べられる
大きさ◆50センチほどになる。
生息域◆北海道釧路以南。西太平洋、インド洋、大西洋。
生態◆
稚魚はクラゲにつく。
外洋生。
市場での評価・取り扱われ方◆市場などで流通することはほぼない。食用とはなる
◆食べてみる◆
 身は柔らかく白濁している。今回のものは鮮度があまりよくないので、試しに1~2切れ生で食べただけだが、脂は感じるものの、刺身はうまいとは思えなかった。
 フライにすると美味。身は上品な白身で脂に甘味があり、旨味もある。



 煮つけもそこそこ食べられるが、旨味に欠ける。

ハナビラウオの基本◆
■定置網などに紛れ込む。雑魚として扱われる。
漁獲方法◆定置網
漢字◆■「花びら魚」。
由来◆■稚魚、幼魚期の鰭が大きく花びらのようであるから(?)。
呼び名・方言◆
別名「コンニャクアジ」。
釣り◆調べているところ。
●(写真上)鳥取県鳥取市十九百さんより。
(写真下)三重県尾鷲市の岩田昭人さん(「一日一魚」の制作者)から
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会) 参考/『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■or無印は市場魚貝類図鑑のデータベースから
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ