新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ドクウロコイボダイ」はこちら >>
形態◆細長く、鱗は斜めに配列されてザラザラする。
スズキ目(Perciformes) について◆
世界中のあらゆる水域に生息。脊椎動物中最大のグループ。
17亜目148科約1496属約9293種。
イボダイ亜目(Stromateoidei) について◆
世界に6科16属約65種。
■イボダイ科、エボシダイ科、マナガツオ科、ハタ科など。
ドクウロコイボダイ科(Tetragonuridae) について◆
熱帯・温帯域に3種。国内に2種。
■一般に食用とするものはない。
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区
刺鰭上目スズキ系スズキ目イボダイ亜目
イボダイ科ボウズコンニャク属(Tetraganurus)
ドクウロコイボダイ
Tetraganurus cuvieri Risso
イボダイ亜目の他の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていると学者級
食べ方◆刺身(?)/塩焼き(?)
△脂が強く、食べて美味とはいえない
大きさ◆40センチほどになる。
生息域◆北海道北東海域以南、世界中の熱帯・温帯海域。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆市場では見ていない。
ドクウロコイボダイの基本◆
■毒性は不明。
漁獲方法◆底曳網
漢字◆「毒鱗疣鯛」。
由来◆調べているところ。
呼び名・方言◆調べているところ。
釣り◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 外見もそうだが、バラムツなどの身に似て真っ白く白濁。非常に脂が強い。
 刺身は数切れなら美味。
 他には塩焼き、煮つけ。
●沼津魚市場底曳網
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■は私見、市場魚貝類図鑑のデータベースから
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ