ワタカ

ワタカの生物写真

体長30センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カワヒラ亜科ワタカ属
外国名
学名
Ischikauia steenackeri (Sauvage,1883)
漢字・由来
漢字 黄錮魚
由来・語源 琵琶湖での呼び名。
地方名・市場名
奈良県でウマウオ(馬魚)
琵琶湖でワタコ、セムシ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。琵琶湖固有種。関東平野、奈良盆地、島根県松江地方、福岡県遠賀川水系。

生態

産卵期は6月〜8月。
水草やイネ科の植物を主に食べる雑食性。

基本情報

意琵琶湖では激減して今ではめったに見られない魚。
南湖などでは貴重品となっている。
古くは、なれずし、煮つけなどで食べられていたが、湖魚のなかでは安い魚であった模様。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/琵琶湖博物館
『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『湖国琵琶湖の魚たち』(滋賀県立琵琶湖文化館 第一法規)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ