レイクトラウト

レイクトラウトの生物写真

60センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正真骨下区原棘鰭上目サケ目サケ科イワナ属
外国名
学名
Salvelinus fontinail (Walbaum)
漢字・由来
英名 Lake trout
由来・語源 湖に多いトラウト(淡水生のサケ類)の意味。
地方名・市場名
別名、レイクチャー(Lake Charr)。

概要 ▽

生息域

淡水魚[トラウトタイプ]。アメリカ大陸北部。栃木県中禅寺湖。

生態

産卵期は9月から11月。
水温20度以下の湖沼。
昆虫、甲殻類。大型になると小型の魚類。

基本情報

1966年、1968年にカナダのオペオンゴ湖、オンタリオ湖から日光に移植。
中禅寺湖などに放流された。
ヒメマスを食害するとも考えられている。
釣りの対象魚。関東などで流通するものを見ていない。値段や食材としての評価は調べているところ。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方


身の色が、オレンジ色で美しい。
レイクトラウトのムニエルムニエル
レイクトラウトのフライフライ

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

ルアー、フライフィッシングのターゲット。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ