リュウキュウドロクイ

代表的な呼び名アシチン

リュウキュウドロクイの生物写真

25センチ前後になる。側扁(左右に平たい)。頭、口は小さく、背鰭のいちばん後部にある軟条が糸状に伸びる。コノシロと比べると、口が小さく、上あご後半が下に曲がる。コノシロ、ドロクイと比べると体高が高い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱真鰭区ニシン・鰾下区ニシン上目ニシン目ニシン科コノシロ亜科ドロクイ属
外国名
Bream
学名
Nematalosa come (Richardson)
漢字・由来
漢字 琉球泥食
由来・語源 琉球列島でとれるドロクイの意味。
地方名・市場名
沖縄ではアシチン。

概要 ▽

生息域

沖縄県。台湾、フィリピン、インドネシア、オーストラリア北部。高知県高知市浦戸湾にも生息する、と思われる。
内湾性、汽水域・海水域。

生態

基本情報

水産基本情報

市場での評価 沖縄では一般的な食用魚。やや安値。
漁法 刺し網、定置網
産地 沖縄

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

銀色の身体に輝きが感じられるもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬や味わいはまだ調査中。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方



好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ