ヤギシリカジカ

ヤギシリカジカの生物写真

体長35センチ前後になる。鱗はなくぶよぶよした皮(皮膚)に包まれている。細長い紡錘形で頭部に隆起した骨はない。骨も柔らかい。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目ウラナイカジカ科ヤギシリカジカ属
外国名
英名/Spineless sculpin
学名
Eurymen gyrinus Gilbert and Burke,1912
漢字・由来
漢字 焼尻鰍、焼尻杜父魚
由来・語源 不明だが、北海道日本海にある焼尻島周辺でたくさんとれたためではないか。
地方名・市場名
関東に入荷したときはカジカ。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道周辺。〜日本海北部、ベーリング海。
水深40〜100メートル前後。

生態

基本情報

主に北海道で水揚げされているが、ほとんど流通しない。
関東では一度だけ見ている。
鍋材料としてはなかなかよく、もっと利用されてもいい。

水産基本情報

市場での評価 ほとんど知られていないので非常に安い。
漁法
産地 北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

表面のぶよぶよした部分に弾力のあるもの。粘液などが出ていないもの。

味わい

旬は不明。
鱗はなく、表面はぶよぶよしている。
白身で柔らかい。
骨も柔らかく包丁などでたやすく切ることが出来る。
骨、皮、肝、胃袋など捨てるところがない。
いいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(鍋、みそ汁)、唐揚げ
汁◆ぶよぶよした皮、身、肝、胃袋など全部利用出来る。みそ仕立ては非常に美味。またちり鍋としても優秀で、ポン酢で食べてもいい。
唐揚げ◆表面がかりっと中がしっとり揚がる。アンコウの唐揚げによく似て美味。
左右の鰓膜は喉の狭い部分でつなげっていて、顎から膜状の皮膚が包み込む。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/マルトミ渡辺水産(http://marutomi-kani.com/)
『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ