メゴチ

メゴチの生物写真

24cm前後になる。上から見て目が大きく、小さな斑紋が体の前半にある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目コチ亜目コチ科メゴチ属
外国名
Big-eyed flat-head
学名
Suggrundus meerdervoortii (Bleeker, 1860)
漢字・由来
漢字 目鯒、眼鯒
由来・語源 目(眼)が大きい鯒の意味。
コチについて
漢字
■ 「鯒」は敵に遭うと飛び跳ねるように逃げる。この様を「踊る」として文字を作った。
■ 「牛尾魚」とも書く。牛の尾の形なので。
由来・語源
■ 大言海に“笏(こつ)”に似ているため。“笏(こつ)”は衣冠束帯(貴族の正装)のとき右手にもっていた細長い木の板。字音が“骨”に似ているため「しゃく」と読ませるようになった。
■ 「こち」は「こつ」で頭を表す方言。
■ 「こち」は「骨」で骨っぽいことから。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。内湾〜水深127mの砂泥地。
青森県平舘・深浦、茨城県〜九州南岸の太平洋沿岸、秋田県〜九州南岸の日本海・東シナ海、瀬戸内海。朝鮮半島西岸・南岸、台湾、浙江省。

生態

産卵期は春。

基本情報

刺し網などでとれるものだが、まとまってとれないために流通の場にはあまり出ない。
ときに産地周辺で見かける地域的な魚。
マゴチと比べると水っぽいので、雑魚として扱われることがある。
また関東での「めごち(ネズッポ科)」と混同されることもある。

水産基本情報

市場での評価 あまり入荷してこない。安い。
漁法 刺し網、定置網
産地 三重県、静岡県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。体色の濃いもの。

味わい

旬は冬から春
鱗は細かく取りやすい。皮はやや厚くて硬い。
透明感のある白身で水分が多くて白濁しやすい。熱を通すとやや縮む。
あらや骨などからいいだしがでる。
卵巣は美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
煮つけ、汁、塩焼き、生食(昆布締め)、揚げる(唐揚げ)
メゴチの煮つけ煮つけ
水分が多く煮ても身が硬くならず、身離れもいい。淡泊な味をしょうゆが補ってくれる。
漁師さんなどは自宅でみそ汁などにすることが多いのだという。これは無難な味。野菜たっぷりにしてもいい。
メゴチの塩焼き塩焼き
旬、子持ちの塩焼きは絶品。真子がほくほくして甘く、身も比較的しまっている。

生食
水分が多く、身にうま味がない。それを昆布締めにすることで補う。
メゴチの唐揚げ揚げる
水分が多いのでじっくり唐揚げにするとさくっと揚がって美味しい。頭部以外は骨も食べられる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

投げ釣りなどであがる。エサはイソメ。ジェット天秤などで2〜3本バリ。あまり大きくさびかないほうがアタル。
岩場と砂地の入り交じるような場所で、主にシロギスなどの外道といった存在。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ