メカジキ

メカジキの生物写真

体長4メートルを超える。円筒形で細長い。上あごから嘴が長く伸びる。目が大きい。

魚貝の物知り度 ★★★
知っていたら通人級
食べ物としての重要度 ★★★★
重要
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目カジキ亜目メカジキ科メカジキ属
外国名
英名/Swordfish, Broadbill swordfish
学名
Xiphias gladius Linnaeus
漢字・由来
漢字 眼梶木、眼旗魚、女旗魚、女梶木、女舵木。
由来・語源 マカジキなどと比べて眼が大きいことから。
カジキとは
「舵木」は船の方向を変える板のこと。上唇よく舵木をも突き通すの意味。
「梶木」は和船の側面のいちばん下の部分をなす板。加敷(かじき)の意味。とがった顎で船板をも突き通すから。
■ メカジキの「め」は「女」
関東ではマカジキを「男カジキ(おかじき)」というのに対して「女カジキ」という。体つきが女性的だから。
地方名・市場名
アンダアチ、イオ、イザス、オキザアラ、カジキ、カジキトオシ、ギンザス、クダマキ、ゴト、シウトメ、シュウトメ、スズ、ダクダ、ツン、テッポウ、ネーランボウ、ハイオ、ヒュー、ヒラクチ、メサラ、メダラ、ラクダ

概要 ▽

生息域

海水魚。世界中の温帯域・熱帯域。

生態

産卵は赤道付近では周年、5月〜11月が最盛期。
南部黒潮海域では2月〜9月、西部太平洋では3月〜6月。

基本情報

関東の小売店で単にカジキと言えば本種をさしている。
カジキ類ではもっともよく見かけるものだが、東日本に多く、西日本にやや少ないもの。
値段が手頃で、需要が高く魚屋、スーパーマーケットなどで並ばない日はない。
生・冷凍切り身や、漬け魚その他の加工品など販売形態も多様。
切り身にはしばしば「トロ」、「中トロ」、「大トロ」などの表示が見られる。
煮つけ、照焼など総菜コーナー、総菜店でも定番的なもの。
関東で非常に馴染み深いものなのは、産地が銚子から三陸にかけてだからだろう。
三陸などでは身が白いので、赤いマグロの刺身と合わせて紅白にし、祝い事などにも使われている。

水産基本情報

市場での評価 冷凍輸入物は年間を通して多数見られる。国産も多く、ともに根強い人気がある。値段は国産はやや高値、冷凍ものも安くはなく安定している。
漁法 刺し網、延縄、突棒
主な産地 宮城県、東京都、高知県、静岡県
セリにかけられるメカジキメカジキは輸入もの遠洋のものは頭が落とされている。頭がついたものは総べて国産、生で流通するものである。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

ほとんどが切り身。身に張りがあって盛り上がっているもの。赤いものよりもやや白っぽいものの方が脂がある。

味わい

旬は秋から冬
冷凍物が多く、年間を通して利用できる。
白濁してやや赤みがかった白身。
全体に脂が混ざり、脂に独特の風味がある。
東部の筋肉やほおなども美味。
産地などでは鰭下のとくに背鰭下の鰭筋の部分をハーモニカといい珍重する。
熱を通すと硬くなる。
メカジキのコロ脂が均等に混在しているために白濁した身。血合いにクセがなく、まったりした味わいだ。

栄養

DHA、EPAが多く、カリウム、ビタミンEに富む。

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
ムニエル、フライ、汁(鍋、みそ汁、すまし汁)、煮つけ、トマトソース煮、ホワイトソース煮、生(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、あら・皮に近い部分はみそ汁
鮮度がよければ刺身になる。
脂があるものはうまい。
三陸や関東では、マカジキと紅白の刺身にするところがある。
ムニエルは定番料理のひとつ。
単純に塩コショウして小麦粉をつけ、油とバターで焼き上げる。
フライにしてもうまい。
煮つけもいいが、むしろトマトソースやホワイトソースで煮込むとおいしい。
■ハーモニカ調理法
塩焼き 適当に切り、振り塩して1時間以上置いてからじっくりと焼き上げる。脂があって、独特の食感が楽しめ非常にうまい。
煮つけ やや甘辛く煮て、美味。脂が甘く、ほどよく繊維質の身がしまってうま味がある。
メカジキのフライ
メカジキのフライ フライは定番料理。クセのない味わいでジューシーな白身を楽しめる。
メカジキのムニエル
メカジキのムニエル

好んで食べる地域・名物料理

日本全国。
煮つけ 関東では基本的な総菜のひとつ。食堂、スーパーなどの総菜としてしばしば見つけられる。

加工品・名産品

釣り情報

トローリングの対象魚。

歴史・ことわざなど

トロ 、「中トロ」「大トロ」などの表示がデパート、スーパーなどで見られる(2012)。

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚類学 下』(落合明、田中克 恒星社厚生閣)、『水産統計』(農林水産省)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ