マブタシマアジ

マブタシマアジの生物写真

体長40cm前後になる。半月形の脂瞼がある。上顎に歯列があり1列、尾柄部に小離鰭がない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科マブタシマアジ属
外国名
Herring scad
学名
Alepes vari (Cuvier, 1833)
漢字・由来
漢字/瞼島鰺
由来・語源/シマアジに似ているが脂瞼があるため。
地方名・市場名
アジモドキ(鰺擬)/鹿児島県南さつま市笠沙

概要 ▽

生息域

海水魚。内湾などの沿岸浅海。
鹿児島県笠沙、沖縄島。
台湾、中国南シナ海沿岸、海南島、トンキン湾、インド-西太平洋(紅海〜ニュージーランド中部)

生態

基本情報

比較的珍しいもので、今のところ鹿児島県産のものしか知らない上にほとんど流通することがない。
見た目、シマアジに似ているが味も近い。上質の身で味がいい。

水産基本情報

市場での評価/流通上見ていない。
漁法/定置網
産地/鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。鰓が赤いもの。

味わい

旬は不明。
鱗は細かく取りやすい。皮は強く厚みがある。骨は軟らかい。
透明感のある白身で血合いは弱い。熱を通すと適度に締まる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

生食(刺身、セビチェ)、焼く(塩焼き)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁、潮汁)

マブタシマアジの刺身マブタシマアジの刺身 水洗いにして三枚に下ろし、皮は手でむいた。銀皮が美しく血合いは弱い。ほどよい食感があり、甘味、うま味が豊かでとても味がいい。外形がシマアジに似ているが、味も似ている。
マブタシマアジの塩焼きマブタシマアジの塩焼き 初冬の個体は脂がのっていた。これを水洗いして、二枚に下ろし骨つきの方に振り塩する。1時間以上寝かせて、じっくりと焼き上げる。皮目にはマアジ特有のうま味と香りがあって実に美味。
マブタシマアジの煮つけマブタシマアジの煮つけ 二枚に下ろして骨つきの方を適宜に切り、湯通しする。冷水に落として鱗やぬめりを落とす。これを酒、砂糖、しょうゆ、水で煮る。ややこってり甘辛い煮てもいいし、酒・塩などであっさり煮てもうまそうだ。
マブタシマアジのみそ汁マブタシマアジのみそ汁 アジ科らしいうま味があって、汁ものにするといいだしが出る。潮汁にしてもおいしいが、みそとの相性が抜群にいい。酒の後にもいいが、ご飯のおかずに向いている。
マブタシマアジのフライマブタシマアジのフライ アジ科の魚はフライにするととてもおいしい。アジ科ならではのうま味と皮の香り、揚げることで適度にしまりながら、身はジューシーに揚がるのもいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)、伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙町片浦漁港定置網 鹿児島県南さつま市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ