マトイシモチ

マトイシモチの生物写真

体長12cm前後になる。第二背鰭に目立った黒い斑紋がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目テンジクダイ科ツマグロイシモチ属
外国名
Ocellate Cardinalfish
学名
Jaydia carinata (Cuvier, 1828)
漢字・由来
漢字 的石持
由来・語源 背鰭に的形の文様があるため。
地方名・市場名
メブト/和歌山県和歌山市雑賀崎

概要 ▽

生息域

海水魚。千葉県銚子〜九州南岸の太平洋沿岸、若狭湾〜長崎県天草・五島列島の日本海、東シナ海。朝鮮半島南岸、済州島、台湾北部、オーストラリア北西部。
水深50メートル前後の泥底。

生態

基本情報

やや沖合の海底にいるもので底曳き網などでとれる。底曳き網のある漁港周辺でのみ売り買いされている模様。テンジクダイのなかでも大型で、しかもクセのない白身なので、みつけたら買ってみて欲しい魚のひとつ。

水産基本情報

市場での評価 関東の市場では見ていない。
漁法 底曳き網
産地 和歌山県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。黄色みが買っているもの(退色していないもの)。

味わい

旬は不明。テンジクダイ科なので春〜夏なのかも知れない。
鱗は薄く取りやすい。皮はしっかりして強い。骨があまり硬くない。
透明感のある白身で熱を通すと適度にしまる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 生食(焼霜造り)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
マトイシモチの煮つけ「煮つけ」。水洗いをして鰓ごと内臓を引き抜き、煮つけにした。煮ると身が適度にしまり、煮崩れない。身に甘みがありとてもおいしい。
マトイシモチの唐揚げ「唐揚げ」。水洗いして開いてから唐揚げにした。鰭も骨も丸ごと食べられてとても美味だ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/金栄丸(和歌山県和歌山市雑賀崎)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ