マツダイ

マツダイの生物写真

50cm、3kgを超えることもある。側扁形。楕円形で黒い。全体を硬い櫛鱗(しつりん)が覆っている。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目マツダイ科マツダイ属
外国名
Tripletail
学名
Lobotes surinamensis (Bloch,1790)
漢字・由来
漢字 「松鯛」。
由来 松ぼっくりのような鱗のある魚の意味。
地方名・市場名
兵庫県姫路市家島群島坊勢島でタカノハ。
大分県中津市でバン。
クロダイ、タカノハ、ハッパ。

概要 ▽

生息域

汽水・海水魚。
北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、青森県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、瀬戸内海、琉球列島。台湾、山東省・福建省・広東省、東部をのぞく太平洋の温帯・熱帯域。

生態

幼魚のときには、木の葉や木の破片などに擬態して水面を漂っている。
体内から小魚などが出てくることが多い。
成魚になっても水面近くを漂う。

基本情報

東部太平洋の日本列島から中国大陸にかけての汽水域、内湾に生息している。
あまりまとまってとれる魚ではないので、一般的には知られていない。
珍しいとまでは言えないが、入荷量は非常に少ない。

水産基本情報

市場での評価 まとまってとれることはない。単独でとれたり、数匹の水揚げだったり。当然流通の場でも珍しいもののひとつだ。値段はやや高値。
漁法 定置網
産地(漁獲量の多い順)

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

外見ではよしあしがわからない。鰓などをよく見て鮮紅色のものを選ぶ。

味わい

旬は夏だと思われるが、年間を通してあまり味が落ちない。
鱗はやや小さく硬く取りにくい。狭い空間で処理するには包丁ですき引きした方がいいかも。骨は硬い。
血合いの赤い透明感のある白身で熱を通しても強くしまらない。身質はタイ科の魚に似ている。
マツダイの鱗マツダイの鱗 鱗は普通に引くと硬く、飛び散りやすい。むしろ包丁ですき引きにした方がやりやすい。
マツダイの切り身マツダイの切り身 切り身にした姿はクロダイに近い。熱を通しても強く縮まず、皮に香りがある。
マツダイのフィレマツダイのフィレ 透明感のある白身で血合いが赤い。クロダイに似たフィレだ。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
刺身、塩焼き、魚田、ポワレ、ムニエル、フライ、唐揚げ、みそ汁、煮つけ
マツダイの刺身刺身 そんなに旨みのある魚ではないが、血合いが美しいので、刺身にしてはえる。脂は身に混在するのでは無く皮下に層を作る。皮や肝なども添えてよし。
マツダイの塩焼き塩焼き 淡泊で上品な味わいになる。そんなに量を楽しむものではなく、ほどよい大きさの切り身として提供すべきだ。
焼きもの 淡泊なので素焼きにして、柚、山椒などの風味をつけた合わせみそで魚田にしてもよい。大型のものならまとまった量の切り身がとれる。
マツダイのムニエルポワレ 小麦粉をつけないで、油をかいしてじっくり焼き上げるもの。白身魚のよさを引き出してくれる。クールブイヨン(固形でも)、白ワインなどを使って、ポワレにしたプライパンでデグラッセし、ソースにする。
ムニエル バターとの相性もよい。
マツダイのフライ揚げる
粗を唐揚げにしても美味。皮に旨みがある。
写真はフライ。
マツダイの味噌汁みそ汁 熱湯に粗くぐらせて冷水に取り、汚れや鱗などを取り去る。これを水から煮だして、みそを溶いただけのもの。好みで泡盛、日本酒などを加える。沖縄のコーレーグスなども非常に味わいを高める。
マツダイの煮つけ煮つけ 意外に平凡なのが煮つけ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

相模湾ではルアー釣りの対象魚。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ