ヒガシシマドジョウ

ヒガシシマドジョウの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長10cm前後になる。関東地方の集団は小型(写真は栃木県那珂川)。第2口ひげは眼径よりも長い。体側の斑紋はやや不明瞭で大きさ形はまちまち。尾鰭つけ根の黒斑は個体によってまちまちではっきりしない。尾鰭の褐色の斑紋は不規則。体長10cm前後になる。関東地方の集団は小型(写真は栃木県那珂川)。第2口ひげは眼径よりも長い。体側の斑紋はやや不明瞭で大きさ形はまちまち。尾鰭つけ根の黒斑は個体によってまちまちではっきりしない。尾鰭の褐色の斑紋は不規則。

ヒガシシマドジョウの形態写真

体長10cm前後になる。関東地方の集団は小型(写真は栃木県那珂川)。第2口ひげは眼径よりも長い。体側の斑紋はやや不明瞭で大きさ形はまちまち。尾鰭つけ根の黒斑は個体によってまちまちではっきりしない。尾鰭の褐色の斑紋は不規則。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区ニシン・骨鰾下区骨鰾系コイ目ドジョウ科シマドジョウ属
外国名
Loach
学名
Cobitis sp. BIWAE type C
漢字・由来
漢字 東縞泥鰌、東縞鰌
由来・語源 「縞泥鰌」は琵琶湖、大阪での呼び名。縦縞があるドジョウの意味。本州の東部に多いシマドジョウの意。
地方名・市場名
スナサビ/栃木県宇都宮市上小倉、今里などの周辺で。鬼怒川、西鬼怒川などでの呼び名かも知れない。
スナハビ/栃木県那珂川町

概要 ▽

生息域

淡水魚。河川中流・下流域の穏やかな石が多い流れのある場所。
静岡県東部、山梨県、長野県北東部、新潟県東部・佐渡島以北の本州。

生態

基本情報

「Cobitis biwae Jordan and Snyder,1901」を区分したもの(オオシマドジョウ、ニシシマドジョウ、ヒガシシマドジョウ、トサシマドジョウ)のひとつ。
東日本に生息しているシマドジョウ。
栃木県那珂川・鬼怒川水系のものは基本的に小型。食用としていて、なれずしなど郷土料理の貴重な材料となっている。

水産基本情報

市場での評価/主に栃木県で食用になっているが、流通しない。
漁法/うけ(筌)
産地/栃木県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は晩春。
鱗も骨もあまり気にならない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

揚げる(天ぷら、唐揚げ)、煮る(卵とじ、煮もの)

好んで食べる地域・名物料理


ヒガシシマドジョウの天ぷらすなさびの天ぷら 栃木県のヒガシシマドジョウは小振りで、内臓がきれいで骨が柔らかい。栃木特産のニラと一緒に天ぷら煮すると卵はほくほくとして甘く、身はクセのない白身で味わい深い。[栃木県塩谷郡今里町(宇都宮市)・那珂川町]
ヒガシシマドジョウの唐揚げすなさびの唐揚げ 「すなはび漁」をしている方達に教えていただいたものと言っても超簡単。生きているものに片栗粉をまぶしてじっくりと揚げる。かりかりとして香ばしく、卵がほくほくして甘味が強い。[栃木県塩谷郡今里町(宇都宮市)・那珂川町]
ヒガシシマドジョウの卵とじすなはびの卵とじ ニラはもっとも美味しい時期は五月だという。この旬のニラと旬の「すなさび(すなはび)」を酒、みりん、しょうゆ味で煮て溶き卵をかけ回したもの。[栃木県塩谷郡今里町(宇都宮市)・那珂川町小川]
ヒガシシマドジョウと竹の子の煮ものすなはびと竹の子の煮もの 4月後半から5月にかけて最盛期を迎える竹の子と、旬の「すなはび(すなさび)」を一緒に煮上げたもの。「すなはび(すなさび)」はあっさりして上品な味なので比較的あっさりと煮るといい。[栃木県塩谷郡今里町(宇都宮市)・那珂川町小川]

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本のドジョウ 形態・生態・文化と図鑑』(中島淳/文、写真/内山りゅう 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ