バターフィッシュ

バターフィッシュの生物写真

体長30センチ前後になる。楕円形で側扁(左右に平たい)し、体高が高い。腹鰭がない。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★★
重要
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
外国名
英名/Atlantic butterfish.Butterfish,Dollerfish
学名
Peprilus triacanthus(Peck)
漢字・由来
地方名・市場名
別名、シズ。

概要 ▽

生息域

海水魚。北米北東大西洋。ニューファウンドランドからサウスカロライナにかけての大陸棚。

生態

基本情報

昭和40年前後から大西洋沖合で日本漁船が取り始めたもの。
一時はイボダイの代用品として重要なものであった。
安い「えぼだいの開き」は本種であることが多々あったようだ。
これが世界的な漁業の200海里規制(1970年代後半)によって激減した。
最近ではあまりバターフィッシュの干ものをあまり見かけなくなっているが、過去のもっとも重要な魚であったことは覚えておくべきだ。

水産基本情報

市場での評価 鮮魚での入荷はない、干ものとしてとり扱われるもの。値段は国産イボダイの干ものと比べると安い。
漁法 底曳き網、刺し網
産地 アメリカ

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

主に干ものとして流通する。油焼けして変色していないもの。

味わい

干ものはしっとりと上質の身で、脂がのっている。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『新顔のさかな』(東京水産大学第10回公開講座編集員会編 成山堂書店)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ