ハマダツ

ハマダツの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長120cm前後になる。尾柄部(尾のつけ根部分)にキール(縦方向、畑の畝のように盛り上がった部分)はない。側線は腹部を通るが胸鰭の方向に分かれて上に向かう枝状のものはない。尾柄部(尾のつけ根部分)にキール(縦方向、畑の畝のように盛り上がった部分)はない。側線は腹部を通るが胸鰭の方向に分かれて上に向かう枝状のものはない。

ハマダツの形態写真

体長120cm前後になる。尾柄部(尾のつけ根部分)にキール(縦方向、畑の畝のように盛り上がった部分)はない。側線は腹部を通るが胸鰭の方向に分かれて上に向かう枝状のものはない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱真鰭区正真骨下区棘鰭上目スメグマモルフ系ボラ亜系ダツ目ダツ科ハマダツ属
外国名
Flat needlefish
学名
Ablennes hians (Valenciennes,1846)
漢字・由来
漢字 浜駄津
由来・語源 田中重穂の命名。
地方名・市場名
ヒラダツ(平だつ)/宮崎県日南市目井津漁港〈オキザヨリの体が丸いのに対して側へんしているため(左右に平たい)〉
アオダチナゴリ、シジャア、ダス、ダツ、チヤラチヤラ、ツウゾ、ナガサヨリ、ナグリ、ナゴリ、ヒランジャー、ワリ。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の表層。
津軽海峡〜九州南岸の日本海・東シナ海、北海道〜九州の太平洋沿岸、琉球列島、小笠原諸島。太平洋・インド洋・大西洋の熱帯〜温帯域。

生態

基本情報

主に温かい海域にいる魚で、とれる地域ではオキザヨリなどと比べると味が落ちるとして利用しないところが多い。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ