ネズミギス

ネズミギスの生物写真

体長30センチ前後になる。吻近くに1本のヒゲがある。浮き袋がない。体はロケット形で鱗が小さく硬い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系ネズミギス目ネズミギス亜目ネズミギス科ネズミギス属
外国名
英名/Bighead beaked salmon
学名
Gonorynchus abbreviatus Temminnck&Schlegel
漢字・由来
漢字 鼠鱚
由来・語源 三重県二木島での呼び名。外見から。
地方名・市場名
和歌山県田辺でネズミウオ。
イカナゴ、シマギス、ネズミ。

概要 ▽

生息域

本州中部以南の太平洋側、日本海南部。ハワイ。
水深50メートル〜100メートルの砂泥地。

生態

基本情報

一般に食用ではない。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/岩田昭人 三重県尾鷲市
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ