ニュージーランドヘイク

代表的な呼び名メルルーサ

ニュージーランドヘイクの生物写真

体長1.3メートル前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区側棘鰭上目タラ目メルルーサ科メルルーサ属
外国名
スペイン/Merluza sureña 英名/Southern hake, Hake, Whiting
学名
Merluccius australis  (Hutton, 1872)
漢字・由来
地方名・市場名
小売り店ではメルルーサ。

概要 ▽

生息域

海水生。ニュージーランド、オーストラリア南東沖。
水深400メートル〜1000メートル。

生態

産卵期は夏。

基本情報

メルルーサには何種かあるが、もっとも代表的なもの。
1975年から日本船で漁獲、国内で販売されるように。
白身で非常に味がよく、資源量も安定している。

水産基本情報

市場での評価 市場では見ていない、冷凍物として加工用、飲食店用、またときにスーパーなどでの白身として流通するものと思われる。値段はやや高め。
漁法 底曳き網
産地 ニュージーランド

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

冷凍焼け、変色、ドリップしていないもの。

味わい

旬は不明。
白身でまったくクセがない。メルルーサのなかでは肉がしまっている。
料理の方向性 クセのない上質の白身で熱を通しても硬く締まらない。ただしうま味豊かとは言えない。料理法としては揚げる、ソテーするなどに向き。煮るとあっさりしているがもの足りなく感じそう。
白身で旨みには欠けるが、まったくクセがない。どのように料理しても魚くさくない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 揚げる(フライ、唐揚げ)、ソテー(ムニエル)、煮る(煮つけ)
ニュージーランドヘイクのフライフライにするとふんわりさくっと揚がって、ほんのり甘味がある。
ニュージーランドヘイクのムニエルムニエルはやや硬く締まるが、バターとの相性がよく味わい深い。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

ニュージーランド・オーストラリア海域と南米海域のものは別種(Merluccius polylepis)とは別種とされていたが、同種であることがわかった。

参考文献 ▽

協力/金田聡さん
『新顔の魚 1970-1995』(阿部宗明 財団法人伊藤魚学研究振興財団 まんぼう社)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ