ニゴロブナ

ニゴロブナの生物写真

40センチ前後になる。フナとしては体高が低く、顎から吻にかけて直線的。鬚がない。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科コイ亜科フナ属
外国名
Crucian carp
学名
Carassius auratus grandoculis Temminck and Schlegel
漢字・由来
漢字 似五郎鮒
由来・語源 ゲンゴロウブナ(源五郎鮒)に似ているため。
フナの語源/
■ 「食う魚〈くふな〉」の語頭を落としたもの。
■ 「ふ」は田んぼを意味し、「な」は魚の意味。
■ 本来国内にいない魚(実際は間違い)で漢字とともに入ってきた。中国での漢字「鮒」を音読みし、魚名を表す語尾「な」をつけた。
■ 煮ると柔らかく骨まで食べられるところから「骨なし」の「ほねなし」が転訛した。
地方名・市場名
イオ(魚)、すしいお、マルブナ(丸鮒)。
小振りのものをガンゾ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。琵琶湖固有種。

生態

産卵期は4月6月。
琵琶湖の深い場所、低層をすみかとしている。

基本情報

「ふなずし」の材料として琵琶湖では高値になるという。
「ふなずし」など、なれずしの材料はなんでもよいのだが、古来よりもっともよく使われてきたのがフナだ。
中でもゲンゴロウブナとニゴロブナがその最たるもの。
そしてニゴロブナの方が骨が軟らかく味がいいとされる。
琵琶湖周辺では高級魚。

水産基本情報

市場での評価 琵琶湖周辺でのみ取引される。やや高値。
漁法 定置網
産地 滋賀県琵琶湖

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

旬は冬から春。
白身でクセのない味わい。
旨みがあり、いいだしも出る。
とれる場所によって泥臭さがある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 洗い、煮つけ
洗い、煮つけなどにして美味とのこと。
ふなずし

好んで食べる地域・名物料理

琵琶湖周辺。

加工品・名産品

ふなずし/滋賀県琵琶湖周辺で作られている「なれずし」。水産加工品の研究家(主にかまぼこ)清水亘が『新説三珍味』のひとつとして挙げている。『新説三珍味』は東京都新島の「くさや」、滋賀県琵琶湖の「ふなずし」、富山県の「黒作り」。

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会) ●参考文献/『湖国びわ湖の魚たち』(滋賀県立琵琶湖文化館編 第一法規)、『ふなずしの謎』(滋賀県食事文化研究会 サンライズ印刷出版)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ