ナンヨウサヨリ

ナンヨウサヨリの生物写真

体長30cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スメグマモルフォ系ボラ亜系ダツ目トビウオ亜目サヨリ科ホシザヨリ属
外国名
Lutke's halfbeak
学名
Hemiramphus lutkei Valenciennes, 1847
漢字・由来
漢字 南洋針魚、南洋細魚、南洋鱵
由来・語源 田中茂穂の命名。一般的なサヨリ(標準和名の)よりも南洋にいるため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸表層性。
相模湾〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。希に兵庫県浜坂、山口県日本海、岩手県。インド-西太平洋域の熱帯・温帯域。

生態

基本情報

流通などのことは調べているところ。

水産基本情報

市場での評価
漁法
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。目が澄んで銀色の体色がキラキラして美しいもの。

味わい

旬は不明。
鱗は薄く取りやすい。皮は薄いがしっかりしている。骨は硬くない。
透明感のある白身で血合いが大きい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 刺身
刺身◆血合いが大きいもののうま味が強く、サヨリに似た微かな苦みもある。美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/岩田昭人さん(三重県尾鷲市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ