ナミマツカサ

ナミマツカサの生物写真

体長17cm前後。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ亜科アカマツカサ属
外国名
学名
Myripristis kochiensis Randall and Yamakawa,1996
漢字・由来
漢字 並松毬
由来・語源 もっとも頻繁に見かけるアカマツカサの仲間という意味合い。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。岩礁域。
八丈島、伊豆半島東岸〜鹿児島県内之浦湾の太平洋沿岸。

生態

基本情報

定置網などで水揚げされるが出荷されることはほとんどない。イットウダイ科アカマツカサ亜科の魚は同定が困難なので、種単位での評価はとてもできそうにないのが実情だ。
小魚であるし、鱗がすさまじく硬いので下ろすのが大変だが味のいい魚。面倒をいとわず料理すると安くてうまい魚である。

水産基本情報

市場での評価 関東ではまだ一度しか見ていない。安い。
漁法 定置網
産地 和歌山県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って中身がつまって感じるもの。赤いもの。赤みの弱いのは古い。

味わい

旬は不明。
鱗は非常に硬く、ガラスの破片を思わせる。皮はやや硬く丈夫。中骨は硬いが頭部の骨、腹骨などはあまり硬くない。背の部分に小骨がある。赤みを帯びた白身で熱を通しても硬く締まらない。頭部、中骨などから実に濃厚なだしが出る。身離れがいいのであら煮、あら汁などは非常に味がいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 生食(刺身)、焼く(塩焼き)、汁(みそ汁)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ、皮素揚げ)
ナミマツカサの刺身「刺身」。下ろすのが非常に面倒なのが難点。微かに赤みを帯びた白身。血合いもきれいで味はいい。赤味の強い個体もあるが、ともに味は抜群にいい。
「塩焼」。丸ごとをじっくり焼き上げると鱗がぼろぼろ取れて、下からきれいな身が出てくる。面倒でも鱗を取るとより食べやすい。鱗をとらないで丸のままじっくり焼いてもいい。
ナミマツカサのみそ汁「みそ汁」。実にうま味豊かなだしがとれ、煮た身も硬く締まらない。最上級の味である。
「皮素揚げ」。皮をそのままじっくり長時間揚げたもの。かりかりと香ばしくて美味しい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ